2008年06月14日

梅雨時だからこそ再チェック!流しの下のカビ対策に強酸性水。

またまた、カビとの戦いが始まる時期が
やってきました(ーー;)。

冬場の結露からくるカビの発生も、やっかいですが、
梅雨時の湿気からくるカビもお部屋をジメーッっとさせるし、
今度は気温も湿度も高い状態ですから、
ニオイなども気になってきますたらーっ(汗)



さて、今回は流しの下のを再チェックexclamation 

毎日使っている鍋などを入れておくところを
よく見てみると扉の開け閉めの回数も多いので
ホコリが隅の方に溜まっていたり、
洗った後よく水切りをしなかったり
しずくの残りが溜まっていたりなどで、
けっこうカビが発生しやすい環境を
つくりだしているようです(^^;;)


また、包丁を入れておくスペースのところも、
思っていた以上に汚れています。

どうも、水汚れのようですね……。



また、使っていない器などを入れておいてる場所は、
モノを動かすということがあまりありません。

また、卓上コンロを箱に入れてしまって置いたので、
それをどかせてみると……


あ(ーー;;;)やっぱり。


流しの壁部分にカビが発生していました。



そこで、扉ごとに区切って掃除開始exclamation×2


1中の荷物を出した後、軽く掃除機でホコリを吸い取り。

流し下の掃除開始〜!!



2調味料などの汚れがこびりついている時は、
住宅用洗剤でしっかり落とします
(我が家では強還元水&台所用洗剤の組み合わせで
ガンコ汚れを落としています)




3壁のカビ汚れは「強酸性水」でしっかり拭き取り。
強酸性水がない場合は、カビ取り用洗剤などを使って
カビをとりのぞきましょう。




4仕上げに強酸性水で再度中を拭いた後、
乾いた雑巾でよく水分を拭き取ります。
(これはおすすめexclamation




5しばらく、流しを下をあけて風通しをしておきます。
この時に扇風機をまわしておくとよいですよ。


カビを取り除いて風通し〜



強酸性水を使うことで、除菌・消毒・消臭ができるので、
カビ予防にもいいのです(^^)



これからの時期は、最低週に1回は、定期的に
流し下を空けて風通しをよくして、
湿気がこもらないようにすることで、
カビの発生を抑えることができるのですよ。



【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 除菌用に 強酸性水
キッチンのおそうじ法(タケ・ホープの清掃サービス)5.シンク下、たなの中



この記事へのコメント
こんにちは。
梅雨こそ大掃除を! と言いますものね。
この時期にお掃除をしておくと、年末のお掃除もだいぶ楽に済みそうですね。
スッキリ綺麗になってますね♪(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
私も見習わなくては!(汗)
Posted by かや at 2008年06月15日 18:35
梅雨の時期は、憂鬱なので何もしたくなくなります。
それがカビの発生の原因にもなってしまいそうですね。
おやじの家のキッチンの下はどうなっているのかな?
見るのも怖い気がします。Σ(- -ノ)ノ
Posted by おやじ at 2008年06月16日 11:47
強酸性水は重宝しますね♪
水周りのお掃除には、強酸性水があれば万全ですね。
頑固な汚れは、まず強還元水で落として強酸性水で仕上げましょう。
手荒れの心配も無く安全なので最高ですね(^_-)-☆
Posted by カットチャン at 2008年06月16日 15:29
to かや さん
こんにちは!
年末の大掃除にいっぺんにやろうとするから大変なのですよね。
ちょこっとずつやると後々ラクになりそうですね。
それからこの時期のほうが気温が高くて汚れが落ちやすい、という利点もあるようですよ!
Posted by はっち at 2008年06月16日 16:39
to おやじ さん
こんにちは〜。
この時期にやっておかないと夏が怖くて。。。
思い立ったが吉日でさっそく取り掛かるとよいですよ(笑)
Posted by はっち at 2008年06月16日 16:49
to カットチャン さん
こんにちは〜。
強酸性水と強還元水のタッグでジメジメした季節も怖くないでね。
こういう掃除を大掃除のとき以外にやるようになったのはこのブログのネタ作りのため&レベラックのおかげかな、とおもっております♪
Posted by はっち at 2008年06月16日 16:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。