2008年06月30日

好みのミネラルウォーターの銘柄で世代差あり?!

世界各国のミネラルウォーターが手に入る現在の日本。

私もいろいろな国のミネラルウォーターに挑戦しています(^^;;)

私達の生活の中にも、すっかり定着してきていますよね。



ところで、このミネラルウォーターの利用方法や
好みの銘柄によって、世代間でちょっとした差があるようですよ。

ネットリサーチDIMSDRIVEの『ミネラルウォーター』に関する
公開アンケート調査の結果によると、
ミネラルウォーターの飲用・使用方法について
「どのように飲用・使用していますか」と尋ねたところ、
ミネラルウォーターを飲用・使用している人の約84%が
「ふだんの飲料水として飲む」と回答。

「コーヒー・紅茶・お茶などで飲む」が約27%、
「スポーツ・入浴時の飲料水として飲む」約26%と続きます。

これを年代別の回答を比較すると、
「ふだんの飲料水として飲む」が年代が若い層ほど多く、
「コーヒー・紅茶・お茶などで飲む」「お酒の水割りで飲む」
などに利用して飲用するのは、
年代があがるにつれて増える傾向にあるようです。

「炊飯・料理に使う」という人は30代に目立つというのも、
家庭で食事に使用する水も「ミネラルウォーター」というのが、
定着してきているということなのでしょうか。


また、ミネラルウォーターを飲用・使用する理由については、
「おいしい・飲みやすいから」が約6割を占め、
料理、お茶、お酒などがおいしく出来るからもあわせると
約8割の人は「おいしいから利用している」
と回答しているようですね。

水道水への不安・不満からというのも約4割程あるようですが、
それよりも「おいしさ重視exclamation」の傾向は強いようです。



そして、最も好きなミネラルウォーターの銘柄では
「サントリー天然水」がトップ。

「ボルビック」「六甲のおいしい水」と続きます。


これを年代別にみると、20代・30代では「ボルビック」

40代では「ボルビック」と「六甲のおいしい水」。

50代では「六甲のおいしい水」と「アルカリイオン水」
60代以上では「サントリー天然水」が上位に。


若い世代では国外産のミネラルウォーター、
年代があがるにつれて国内産のミネラルウォーターが
好まれる傾向にあるようです。

40代がその境目?


他、特徴があった銘柄といえば
「クリスタルガイザー」は20代と40代がほぼ同列。

「コントレックス」は美容を特に気にする20代〜40代が
ほぼ同じくらいで、50代以上では、かなりの少数派に。



あなたの一番好きな『ミネラルウォーター』は何ですか? 
と聞かれたら、
私は苦手なミネラルウォーターをあげたほうが、
早いかも(^^;;)。


ふだん購入することが多いのは
『クリスタルガイザー』『ボルビック』『ヴィッテル』。

ケース買いしたいのは『イオリフィジー』ってところです。

【参考サイト】
ミネラルウォーターに関する調査/ネットリサーチDIMSDRIVEの公開アンケート調査結果【DIMSDRIVE】
クリスタルガイザー  
ボルビック  
ヴィッテル  
イオリフィジー  




関連記事


posted by はっち at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 好んで飲んでるお水達
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。