2008年08月29日

ダムに浮かび上がる巨大エコアート。

ダムの壁面に浮かび上がる巨大アートの写真カメラ
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20080728/30655

うわ〜、これなんだろう〜exclamation&question
とニュース内容を見てみたら眼鏡
巨大建造物の壁面の汚れを落とし、その濃淡で絵を描く
「エコ・アート」というものなんだそうです。

それも、
「洗剤や薬品を使わず、水だけを使った環境に優しいアート」
なんだとか。



ええ? 

水だけでこんな素晴らしい作品ができあがるの?(@@) 




これは、ドイツの清掃機器メーカーの
日本法人の20周年プロジェクトの一環で、
栃木県足利市の松田川ダムの壁面全体に、
高圧洗浄で汚れを落として絵を描く
ドイツ人アーティスト、クラウス・ダオヴェン氏らによって制作。

作品名は、ツツジの華をモチーフにデザインした
「hanazakari〜花ざかり」。



さて、現場レポートなるページを見ていくと、まずは、
ダムの壁面にレーザーによって印をつけ
(この作業だけでも三日間exclamation)、
その後図面を確認しながら、
手持ちの噴射洗浄器具によって洗浄作業(作品を描いてですね)
をおこなっていったようですダッシュ(走り出すさま)


洗浄開始2日目で一つ目の花かわいいが完成。

そして洗浄開始から7日目で堤長228m×堤高56mの
ダム壁面全体に、アートが完成ぴかぴか(新しい)


そして、このアートは、5〜6年は見られるとのこと。



洗浄した作品を手がけたクラウス氏は、
海外でもこのような作品を
ダム、橋脚、コンクリートの壁、駐車場などにも描いており、
汚れを取り除きながら作品を仕上げていく手法はたしかに
「エコアート」(^^)


薬品を使わず、自然の汚れと水の力が生み出した作品。

ほんと、素晴らしいですよねアート

【参考サイト】
松田川ダムのエコアート完成 水だけで描く |下野新聞「SOON」ニュース
ケルヒャー ジャパン株式会社 | 20周年 | エコ・アートプロジェクト
ケルヒャー ジャパン株式会社 | エコ・アート | 現場リポート





過去の関連記事


posted by はっち at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水の種類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。