2008年09月27日

氷屋さんの氷はなぜ透明で美味しいのか!

コンビニやスーパーなどで買ってくる氷と冷蔵庫で作る氷って、
透明度も美味しさも違いますよね。

氷屋さんで作られている氷は「純氷(じゅんひょう)」と呼ばれ、
手間と時間をかけ製法にもこだわって生まれた氷です。

その違いはというと、純氷の原水は水道水を念入りに
濾過、殺菌し、大抵の不純物を取り除いた水。


冷蔵庫で作る氷は、水道水をそのまま使ったほうがよい
と言われているので
(参照:水のある生活:あなたの冷蔵庫で作っている氷。カビが生えてませんか?)、
まず、この使う『水』の違いがありますよね。



続いて、作り方にも大きな差が。

冷蔵庫の氷は、短時間で一気に作るので、
空気や不純物まで一緒に凍ってしまいます。

純氷は、マイナス8℃〜12℃の環境の中で、原水をかき混ぜながら、
再度、不純物を取り除き、
ゆっくりと48〜72時間かけて凍らせていくのです。


不純物が取り除かれた純氷の結晶は大きく強度もあり、
溶けにくい状態に。


逆に、冷蔵庫の氷は、空気や不純物を含んでいるので、
結晶が細かくなり白っぽくなり溶けやすい状態になってしまうのです。



そして、出来上がった氷を比べて分かるのが
『透明度』と『音』の差。

純氷は透明でグラスに入れると澄んだ高い音がして、
冷蔵庫の氷は白っぽくくすんで透明感もなく、
グラスの中ではガランガランと鈍い音が。


手間がかかっている分、美味しさも強度も透明度も
純氷に軍配があがる理由も納得できます(^^)

【参考サイト】
ICENET:純氷の秘密・氷屋さんの純氷





関連記事


タグ:純氷 冷凍庫
posted by はっち at 13:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水の種類
この記事へのコメント
スミマセン。また、見つけてしまいました。「高い音でがして…」
以前聞いたことがある私の知っている、氷やさんは天然です。
別に、天然ボケって訳ではないのですが、秩父の山奥で製氷専用池があってそこに天然水(地下水のようなもの)を溜めて製氷するそうです。尤もその氷は料亭や近隣のカキ氷やさんに納入されるそうです。粒が大きくておいしいと評判のようです。
Posted by 123 at 2008年09月27日 15:44
to 123 さん
こんにちは!
あららら・・・またまたスイマセン。
すぐ直しまーす。
天然氷は機械でつくるものより何倍もお値段が張るそうですね。
その分おいしんだろうなぁ。
Posted by はっち at 2008年09月30日 16:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。