2009年02月24日

名酒の水源が、ダム建設で影響がでる心配が・・・

日本酒の命は「美味しい水」。

名水のある地域には「名酒」といわれる
銘柄も多いのではないでしょうか。



愛知県の名酒、「蓬莱泉」の仕込み水の水源地が、
ダム建設予定地に近いということで、
仕込み水にも影響が出るおそれがあると、
調査にのりだしたという、ニュース記事が目にとまりました。


仕込み水の水源は、スギやヒノキが植林された山林の中。

ダムの建設地はそこから、谷を一つ隔てたところに
あるのだそうです。

ダムのほうが標高が低いので、
水源への影響は考えにくいとのことですが、
ただ、建設には周辺の関連工事もあり、
満水時のダム湖の外周からは200メートルほどしか
離れていないことから、
蔵元さん側としては、環境の変化による水源への影響について、
心配なことも多いのだと思います。




さて、この仕込み水の特徴というのは、
ミネラル分がほとんどない「超軟水」

飲み口がやわらかく、まろやかな味わいを生み出す
源になっているそうなんです。


長年この水を使って醸造をしているわけですから、
その特徴を存分に活かした、
日本酒が造られているということですよね。

どんな味わいなのかも興味がありますが、
恵まれた自然から湧き出る仕込み水を飲んでみたいですよね(^^)



資源とは限りあるもの。

そしてとてもデリケートなものであると思います。




環境が変化することで、自然の恵みにも変化が出る
可能性はあるかもしれません。

だからこそ、事前に調査をし、対応策を講じることは
必須のように私は思います。


自然の恵みを絶やさないようにする対策、
とても大切だと思いませんか?



◎ニュースソース引用◎
asahi.com(朝日新聞社):名酒蔵元「水は大丈夫か」 国、愛知・設楽ダム調査開始 - 社会
http://www.asahi.com/national/update/0116/NGY200901150018.html
2009年1月18日

 名酒「蓬莱(ほうらい)泉」の仕込み水は大丈夫なのか。愛知県設楽町で設楽ダム建設計画を進める国土交通省が、蔵元の関谷醸造(同町)からこう問いただされ、仕込みに使われているわき水の水脈や水質の調査に乗り出した。「水に影響が出れば死活問題だ」と同社は不安を募らせる。

 同社は1864年創業。「蓬莱泉」の銘柄で知られ、純米大吟醸「吟(ぎん)」や「空(くう)」は予約でしか入手できない幻の名酒として知られる。

 仕込みには、豊川沿いの社有地にわき出る水を昭和30年代から使ってきた。ミネラル分がほとんどない「超軟水」で、醸造は難しいが飲み口がやわらかく、まろやかな味わいを生み出す源になっているといい、同社専務の関谷健さん(37)は「蓬莱泉はこの水でなければならない」と断言する。

 醸造はもちろん、原料となる米の洗浄やタンクの洗浄などに、1日20トン以上を使用している。

 昨年初めごろ、国交省が作ったダム建設関連の地図を見た関谷さんは、水源地がダムに非常に近いことを知り、不安を抱いた。同省設楽ダム工事事務所に「工事が始まっても水質は大丈夫だろうか」と問い合わせたところ、回答は「大丈夫だと思う」。

 「もし何かあったら(裁判に)訴える」と重ねて伝えたところ、水脈や水質の調査をすることが決まったという。

《後略》



【関連サイト】
関谷醸造株式会社:::ほうらいせん





関連記事


posted by はっち at 14:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と環境
この記事へのコメント
思います。。。
自然の恵み・・
自然を破壊するのも人間・・
守るにも人間。。
エコ心がけたいですね!
Posted by yumi-mama at 2009年02月24日 16:53
to yumi-mama さん
こんにちは。

>自然を破壊するのも人間・・
>守るにも人間。。
ほんとその通りです。

ささいなことでも行動に移すこと、
環境について考えることが重要ですね(^^)/
Posted by はっち at 2009年02月25日 15:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。