2009年06月29日

赤シソを洗う時に適した水とは?

我が家でつくる「梅干し」は赤シソと一緒に漬け込みます。

さて、その赤シソなのですが、
還元水でザックザクと洗っていたら、
水の色がとーっても青色?(@@)。


んんexclamation&question と思ってちょっと実験をしてみることにしました。

まずは、用意したのは「赤シソ」。


akashiso1.jpg



そして、酸性水(酸性電解水)、浄水、pH9.5の還元水
を準備して実験開始ですダッシュ(走り出すさま)



各水に赤シソを何枚か入れてちょっともみ洗いー(長音記号1)

そーするとこんな色の変化がありました右斜め下


akashiso2.jpg



還元水はシソの香りが増しているのですが、
赤シソの色も落ちて水の色が青くなっていますあせあせ(飛び散る汗)

浄水は赤紫の赤シソ色。

そんなに変化は感じません。


酸性水では色落ちも少なく、赤シソの色が鮮やかになったようでした。

香りはちょっととんだかな(^^;;)



そして、各水に「酢」を入れて色の変化を見てみましたサーチ(調べる)


akashiso3.jpg



一番色が薄いのが還元水。

浄水では赤紫色に、
酸性水では赤っぽい感じになりましたね。



赤シソには、アントシアニン系の色素が含まれていて、
この色素は酸性、中性、アルカリ性で色が変化するのだそうです。

また、 pH値によっても色に影響を与えるとのことで、
一般的にアントシアニンは、酸性の状態で安定、
中性、アルカリ性では、不安定な状態になるので、
脱色したりするのだとか。



ということを考えると、赤シソを洗う時に適した水
というのは「酸性水」になるのですねかわいい

さて、この赤シソを子供達の好きな
「ジュース」にしてみようかと思います(^^)


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 美容に 酸性水
水のある生活: アントシアニンを含む野菜の色を鮮やかにする酸性水
赤シソや赤キャベツの煮汁にお酢を加えると色が変わるのはなぜですか?-キリヤ科学
アントシアニンの脱色原因






関連記事


この記事へのコメント
Posted by 媚薬 カプセル at 2012年07月19日 16:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。