2009年10月28日

栗と酸性水はけっこう相性がよい?

今年もをいただきましたexclamation


kuri1.JPG



昨年も大格闘した栗。

実は栗の皮向きなどが上手くいかず(^^;;;)
ちょっと苦戦していましたー(長音記号1)

今年は、すぐに食べるわけではなかったので、
まずは茹でて冷凍しておくことにしました。

そのほうが、栗のしぶ皮が楽にむける
ということだったので。



さあ〜て、とりかかろうと思ったら、
なんと中から、うんしょー(長音記号1)exclamationうんしょー(長音記号1)exclamationと虫が
這い出てきたではないですか(/@@)/ひゃぁ〜。


あまりにも頑張っている姿を見てしまったので、
殺生せずにお庭へ手(パー)


そこでよぎったのは
「酸性水(酸性電解水)で茹でよう・・・・」。


生栗が苦手な原因の一つが、この「虫」なのです(^^;;;)

皮付きのまま冷凍するならば、
酸性水のほうが収れん作用もあるので、
美味しさそのままでキュッと冷凍されてくれるかな、
なんて思ったのです。

もちろん、解凍する時も「酸性水」を使うつもりでしたし。

冷凍食品の解凍の時に、酸性水を使うと
旨味そのままでキレイに解凍できますからね
http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/130744377.html)。



さて、実際に冷凍した栗を「酸性水」で半解凍してから皮をむくと、
鬼皮も中側の渋皮も楽にむけました(^^)

そして、栗のアク抜き比べをやってみたのですexclamation


kuri2.JPG



栗は「ミョウバン水」でアク抜きをすると、
黄色の栗に仕上がるといいます。

たしかに、ミョウバン水につけた
栗はきれいな黄色に変わっています(・・)ohぴかぴか(新しい)


が、実は酸性水もかなりいい線まで、
栗っぽい色になるのですよ(^^)b

還元水はちょっと茶色に、水につけなかった栗はボソボソにバッド(下向き矢印)


栗をむいた後のアク抜きで水に浸ける場合は、
ミョウバン水以外にも「酸性水」とも相性がいいんですね(^^)b

【参考】
栗のアク抜きにはミョウバン水


posted by はっち at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | お水で美味しく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。