2009年11月14日

温泉とサウナ両方の恩恵が受けられる「蒸し湯」とは?

冬が近づいてくると、
「温泉に浸かってじっくりと温まりたい〜いい気分(温泉)
って思いませんか? 

なかなか、温泉に行く機会がない我が家では
「酸性水(酸性電解水)のお風呂」で
じーくり温まる日を徐々に増やしています(^^)



さて、最近「蒸し湯」という言葉を目にすることがありました。


これは、浴室の床下に天然温泉水を引き込み、
湯気を浴びるという方法なんだとか。

「ミストサウナと同じ蒸気浴」なんだそうですが、
蒸気が室内に充満しているミストサウナとは、
ちょっと違うみたいですね。

なぜか蒸し器で作っている「シュウマイ」とか
「中華まん」みたいな状態を想像してしまいました(^^;;;)。



この「蒸し湯」は乾式サウナよりも温度が低く
(40度〜50度あたりだそうです)、
湿度も高いため循環器系にかかる負担も少ないといわれいます。

また、温泉の蒸気を利用して発汗作用を促し、
しかも汗を蒸発させないので、
美肌効果キスマークにもぴったりなんだとか。


じんわりと温まるし、蒸気が鼻づまりの改善にも良いらしく、
風邪の予防にも利用すると良いかもしれないですね。




入浴方法は、入浴前に温泉で全身を洗って、
室内の温度を確認して入浴
(高温の時には打ち水などして温度を下げます)。

入浴時間は5〜10分を目安にして、脱水症状を防ぐために
コップ1杯の水を飲むといいのだとか。

浴室内では「大の字」になって寝るのが、
蒸し湯の効果を存分にうけられるのだそうですよ。


温泉好きな私としては一度体験してみたいです(^^)

【参考】
霧島温泉「蒸し湯」PR 評判上々 第1号、ホテルに完成 / 西日本新聞
むし湯を楽しむ/杖立温泉旅館組合


posted by はっち at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。