2009年11月16日

洗濯時のちょっとした心がけで「洗濯機のカビ対策」

洗濯機のフタを開けたときに、
なんか臭うなあ〜たらーっ(汗)って思ったことありませんか?

洗濯機の表面上の汚れは気がついた時に
こまめにお掃除したとしても、
洗濯槽の裏側となると、そー簡単にお掃除できませんよね。

我が家で使っている洗濯機には「槽洗浄」というボタンがついていて、
2ヵ月に一度「酸素系漂白剤」を1本入れて
洗濯槽のお掃除をするようにと説明書にも書いてあります。


洗濯機のカビ対策の基本はこの「定期的なお掃除」は必須exclamation




また、こんな心がけも
「洗濯機のカビ対策」になるのだそうです。


1洗剤は適量をしっかりと溶かして使用。
 水温の低い時はぬるま湯などを使って溶け残りがないようにする。

2汚れのひどい洗濯物は予洗いをする。

3使用後には水気をふき取って、しっかりと洗濯槽を乾燥させる。
 洗濯機をランドリーボックスの代わりにしないように。



そうそう、レベラックをお持ちの方は
「強酸性水(強酸性電解水)」を使って、
洗濯機のお手入れをするのが一番ベスト(^^)b

できれば洗濯槽にほんのりと温めた
「強酸性水」をはって一晩おくのがいいのですが、
以前実際に試してみたら生成するのに
時間がかかってしまったので(^^;;)
洗濯終了後、強酸性水をシュッシュとスプレーして、
洗濯槽などをお掃除してあげるのです。

もちろん最後にはしっかりと拭き取ってくださいね。


洗剤ケースなども汲んでおいた
強酸性水で洗ってあげます。

これをマメに行うだけでも、かなり違いますよ。


衛生の水「強酸性水」だからこそ、
洗濯機のカビ対策にも有効に使いたいものですね(^^)。

【参考】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 除菌用に 強酸性水
暮らしとカビの豆知識/洗濯機のカビ対策


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。