2010年01月25日

1月25日は、「中華まんの日」なのです

寒い日のおやつといえば「中華まん」



中華まんでほっかほか〜




私も子供たちも、大好きです(^^) 

このほくほくっという温かさ。

とっても安心しますよねキスマーク



さて、1月25日は「中華まん」の日なんだそうです(・・)oh! 


これは、1902(明治35)年の1月25日に、
北海道旭川で、日本の観測史上最低の気温
「マイナス41℃」が記録された日でもあるのだそうです。

マイナス40℃台って、どのくらいの寒さなんでしょうか(^^;;;)。

想像がつきません(><)  



そこで、寒い日には「中華まん」を食べて
暖まってもらおうということで、
記念日が制定されたのだとか。

同じように、日本最低気温の日に因み、
寒い日にはホットケーキを食べて暖まってもらおうと制定された
「ホットケーキの日」でもあるそうです(^^;;)



ところで、自宅で「中華まん」を温める時って、
どのようにしていますか? 

蒸し器を使うこともあれば、
手軽なところでは電子レンジで温めたりしますよねいい気分(温泉)


ふかふかっとした仕上がりにするには、
霧吹きなどで「水」を軽くふきつけるといいんですよ(^^)v 

我が家では電子レンジを使うことが多いのですが、
この時に使う水では「還元水」にしています。

粉モノ系の蒸し料理をする場合「酸性水(酸性電解水)」のほうが、
型くずれなくできるのですが
(参照:還元水VS酸性水。蒸し物にはどっちの水が最適?)、
短時間で温める場合ならば「還元水」のほうが、
素材との馴染み方が早いので、ふっくらになるのですよるんるん


でも、蒸し器を使ってじっくりと
中華まんを温める場合は「酸性水」のほうが、
皮がベタベタにならずに、締まった感じで中がふっくら
といった仕上がりになるかもしれませんね。

時間、使う調理器具などによって、
同じ食品でも「還元水」「酸性水」を使い分けることで、
調理の幅もひろがりそうです。

【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現
1月25日 中華まんの日 <366日への旅 記念日編 今日は何の日>


posted by はっち at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | お水で美味しく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。