2010年02月26日

水源涵養(すいげんかんよう)活動で自然を再生

飲料水を販売しているメーカーが、
神奈川県丹沢エリアの自然再生プロジェクトとして
『水源涵養(かんよう)林』の整備活動を推進する協定を、
自治体と締結したというニュースを目にしました。

このメーカーでは、工場でくみ上げる地下水の水源を守る活動を、
各地で実施しており今回の丹沢で10カ所目になるのだとか。

『水源涵養林』とは、雨や雪などの降水を土壌に浸透・保水させ、
河川へ水を供給する機能を持っている森林のことをいいます。

そのため、水源涵養機能の高い森林というのは、
「清浄で豊かな水」を作り出すことができるのです。

落葉などの堆積物や微生物が棲んでいる土壌を雨水などが通過。
そして、窒素やリンなどが土に吸着・ろ過され、植物に吸収されていくなかで、
水が浄化されていきます。

河川の上流域にある森林の水源涵養機能が低いと、
水質の悪化を招き、水害も発生しやすくなる
ので、
私達の生活にも大きく影響をしてきます。

森林の機能を保全・再生させることはとっても大切。

子供達に水の大切さを知ってもらうために、
水に関する授業を行う「水育」にも、このような『水源涵養林』というのは、とっても大切。
「緑のダム」といわれる水源涵養林が、
一つでも多く増えるようになるといいですね。

【参考サイト】
丹沢再生で協定 神奈川県とサントリー - MSN産経ニュース

「サントリー『天然水の森 丹沢』自然再生プロジェクト」神奈川県と協定を締結 2009.12.25 
ニュースリリース サントリー


水源涵養林ー山陽小野田市

ウェブもりおか:ウェブ水道もりおか:水源涵養林の取得
posted by はっち at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 水と健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2/24(水) 横道に逸れるブログの覚え書き。
Excerpt:  20℃。正に春でした。
Weblog: 酔語酔吟 夢がたり
Tracked: 2010-02-26 14:38

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。