2006年10月06日

水道水の水源ってどういったところなのかな?

雨続き〜〜なんていうお天気は大嫌なんですが(^^ゞ 
それが原因で水が使えなくなるのはとっても困りますよね。

私達が生活するには水ってとても欠かせないものですよね。
「水は天からの恵み」というくらい、雨が長期に渡って降らないと、
ダムの貯水量が減ってしまって最悪は断水なんてことも(××)。

水道水の水源になるのは、貯水ダム、貯水池になるんです。
これらの施設は、雨水や雪解け水をため水道水を安定して供給するために、
降水量、季節的変化、水道需要の変動に応じて、
河川へ放流する量を調節する役割を持っているんです。

で、そこに水をためるために、森林がとっても大切になるんです。
自然の活動によって営まれた良い土壌は、雨水に含まれる有害物質が、
土の中を移動する間にろ過、吸着され、きれいな水となって
河川に流れ込むんです。

だから、水源地域の自然保護はとても大切。
ゴミの投げ捨てなんてもってのほか! 
そのゴミ一つで、消毒する塩素の量も増えてしまうんですよ(・0・)注意!



【参考サイト】
安定した水源の確保:降水量|東京都水道局



関連記事


タグ:水道
posted by はっち at 11:03 | Comment(6) | TrackBack(0) | 水と健康
この記事へのコメント
電脳カウンセラーのたいぢです〜。
風の谷のナウシカで、どうしても森を焼き払わねばならなくなったシーンで、じーさんの一人が「どうにかならんかのう。何百年も貯水池を守ってくれた森なんじゃ」と言ってたのを思い出しました。
天・森・人……調和して生きていきたい者です。
笑顔同封 たいぢ
Posted by 心と体の健康ダイエット日記 【たいぢ】 at 2006年10月07日 12:34
日本の名水100選(http://www.kokusainohki.com/100/meisui.htm)なんて良く聞きますが、やはり自然環境の破壊があまりない地域が選ばれています。
この中では、第7位「龍泉洞地底湖の水」はうまかった。
他にこんなページがありました。
環境省選定 名水百選(http://mizu.nies.go.jp/meisui/list/index.html
Posted by お水大好き at 2006年10月10日 09:54
to たいぢさん
自然環境を壊すと結局は自分(人間)に返ってくるんですよね。
都会の水が美味しくないはこういう理由もあるんでしょう。
おいしいお水を飲む為にも自然保護は大切です。
Posted by はっち at 2006年10月10日 17:23
to お水大好きさん
竜泉洞は行ったことがあります。
水がとってもきれいだったのを覚えています。
私の田舎も名水の里と言われていましたが
昔に比べるとだいぶ美味しくなくなりました。
残念です(_ _;)

リンク先のサイト面白そうなので見てみますね!
Posted by はっち at 2006年10月10日 17:29
豊かな土壌だと土壌に含まれているミネラルが雨水に浸透し良い水が創られる。有害物質の濾過だけでなく生物に必要不可欠なミネラルを与えてくれるのが土壌の力なんだと思います。

一番身近な水だからこそ、しっかり考えないといけないですね!
Posted by nannoki at 2006年11月07日 22:42
to nannoki さん
ご訪問ありがとうございます。
そうですね、バナジウム水というのも地下に浸透する途中でバナジウムを含んでいった結果のものですもんね。
おいしいお水、からだにいいお水を飲む為にも自然を大切にしなきゃいけないですね。
Posted by はっち at 2006年11月09日 14:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。