2007年02月01日

ノロウイルスに汚染されたカーペット類も「強酸性水」で処理!

ノロウイルスに感染しないように対策をしていても、
かかってしまうことだってあるんです(××) 

その時には、感染源になりそうなモノを、
しっかりと処理することで、広がりを防ぐことになります。


あるテレビTVで見た時には、嘔吐物で汚れた衣類などを
洗濯せずにビニール袋にに密封して廃棄し、
感染を防いだと紹介されていました。

しかし、床やカーペットに飛び散った場合、
それをそのまま廃棄処分することは出来ませんから、
速やかに拭き取って処理することが大切。

その時は使い捨てのマスクと手袋を着用し、
汚物中のウイルスが飛び散らないように静かに拭き取った後
「強酸性水」で床を浸すようにして、
拭き取り(複数回行うのが望ましいですね)を行います。


その後にしっかりと水拭きし、十分に換気を行いましょう。

この時にしっかりと処理しないと、乾燥したウイルスが
空中に漂い、これが口から入って感染をすることが
あるのだそうです(××)。


もし、付着した衣類やリネン類を洗濯する場合、
洗剤を入れた水の中で付着物を落とし、
さらに「強酸性水」でしっかりと下洗い後、
洗濯・すすぎも「強酸性水」で十分に行います。

強酸性水の持つ殺菌効果により、
感染源をたつことができるんですよ。


洗浄・除菌効果の高い「強酸性水」を上手く使って、
ノロウイルス感染を防ぎましょうねパンチ



【参考資料】
財団法人機能水研究振興財団
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現


posted by はっち at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。