2007年04月19日

日本酒と水のおいしい関係♪

「酒所」は「米所」。

日本酒が美味しいといわれる地域は、
お米が美味しい地域とリンクしてるところが多いですよね。

そして、美味しい「水」あるところにも、
銘酒も存在してるように思います。


日本酒の主な原料は、米と水と麹(米麹)など他。

そのうちの8割を「水」が占めています。

日本酒に使う水は、湧き水もあれば、
伏流水という地下を流れる水もあれば、
というように、作られる地域によって水の種類も千差万別。

ということは、水によって
味も左右されそうな感じがしますよねひらめき


さて、ここで目にとまったのは、
ある大手酒造メーカーのサイト。

酒造りの原料として使う水に含まれる成分や造り方によって、
酒質が微妙に異なるとのこと。


カルシウムやマグネシウムなど
硬度成分をほどほどに含んだ中硬水を使って、
比較的長い期間をかけて発酵させると、
酸が少ない淡麗な味わいに、

酵母の栄養源となるミネラル分が多い硬水を用い
発酵期間を短いと、
やや酸の多い辛口タイプの酒
というように、味わいも変わるようですね。

水の種類があるだけ、味わいもいろいろ。


お酒は大好き黒ハートですが、利き酒できるレベルまでには
ほど遠いので(^^;;)微妙な味わいを感知するのは
出来ませんが、日本酒を飲む時に
どんなお水が使われているのか、気になりそうです(^^) 


【参考サイト】
日本酒の魅力/東京都酒造組合【日本酒の味わいを左右する要素とは】
酒造りと水:女酒と男酒―水の成分で酒の味は決まるか―


タグ:日本酒
posted by はっち at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(2) | 水と健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

飲食店開業の知識7「オープン時のお酒のセレクト」
Excerpt: うちのお店には、バーの開業準備をしている方が「開店までに、まずどのようなお酒をお酒を揃えれば良いのか教えて下さい」と、相談に来られることがちょくちょくあります。 実はこの「お酒のセレクト」、非常..
Weblog: BAR LOG
Tracked: 2007-04-19 21:43

新世代栃木の酒
Excerpt: 参加して下さった皆様、本当にありがとうございます!お陰さまで年々、会も盛況になり、今年は一部約200人、二部は370人越え、合計約570人の方々に起こし頂きました。蔵元手作りの会で、クロークを始めとし..
Weblog: 蔵元若葉印Blog * 日本酒蔵元発信
Tracked: 2007-04-21 11:13

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。