2007年06月18日

飲用がダメなのに調理に使って平気?

酸性水・強還元水・強酸性水は説明書をみると
「飲用できませんexclamationと書いてあります。

飲用ができないのに、調理に使って大丈夫なのかな?

 
って疑問にも思っているのです(ーー;;)  


レベラックでは「水」を原料にした「水」を作りだしているので、
基本は普通の水なんですよね。

いつも、飲用にも使っている水が電気分解されて
酸性水や還元水になっているわけなので、
飲用に使っても問題ないと思うのですが。


やはり説明書やパンフレットに「飲用できません」
と書いてあると、

じゃあ、飲んでしまったら大変なことになるの?

 
って思ってしまうのです。


というわけで、思い切って
エナジックのサポートセンター電話に相談してみました(^^;;)


結論は「調理に使うには問題はない」ということ。




では、なぜ飲用できませんの表示があるかというと、
飲用可・不可については「法律的な判断(水質基準)」
「快適に飲用できるかという判断」という二つの側面から
考えていくのだそうです。


水質基準で見ると、pHの基準値は5.8〜8.6になるので、
この範囲をはずれた電解水は還元水も含めて
飲用できないとなります。

ところが清涼飲料水やミネラルウォーターの中には
この基準値から外れていても「飲用可能」なものがあります。


ここで、安全性が確認されているかによって
飲用可・不可の判断がされることになるのです。

厚生労働省に提出されているデータでは、
飲用の還元水だけが効能・効果とともに安全性の確認がされている、
という判断なので飲用可能になるとのこと。

それ以外の電解水については、電解水生成器業界の
自主基準により「飲用しないように」の説明を
つけることになっているのだそうです。


たしかに「快適に飲用できるか?」という判断基準で考えたら
還元水以外は、普通に飲用するには「まずいバッド(下向き矢印)
になってしまいますね(^^;;) 

強酸性水をあなたは飲めますか? と言われたら、

ごめんなさい無理ですm(_ _)m。



口に含んだだけでシブすぎて、キツカッタですあせあせ(飛び散る汗)


レベラックから生成される水は

「健康と生活をサポートしてくれる大切な水」。



だから、いろんな場面で使えて、
生活を楽しくしてくれるんですよね(^^)。


サポートセンター電話の方も、とても気持ちよく対応いただき、
ありがとうございますexclamation×2

また、わからないことがあったら、聞いてみますね(^^)


【参考サイト】
株式会社エナジック


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。