2007年07月01日

O157の発生させないために。強還元水と強酸性水で食品管理をしっかりやる!

O157は様々な食材や食品から見つかっているので、
これだけを気をつければ良いというはありません。

今日買ってきてお野菜にだって、
菌がついている可能性だってあるわけですダッシュ(走り出すさま)

O157予防は食品をいかに衛生的に
取り扱うかが一番のポイントになるそうです。


ということは、家庭内でもしっかり衛生管理を行うことで、
その発生をくいとめることができる
ってわけですよね。


というわけで、この時期の「生食用」は、
特に注意をしなくてはいけません(ーー)b

購入する時には新鮮なものを選び、
早めに持ち帰り冷蔵庫や冷凍庫に保存をすること。

調理に使う前には、野菜類でもしっかり洗浄をすることexclamation


それには「強還元水」できっちりと流水洗いするのが良いのです。

水道水と比較しても強還元水は「食肉・野菜・魚の洗浄」にも
優れた効果を発揮しますぴかぴか(新しい)

野菜の表面に残っている農薬やワックス類も
きれいに洗い流してくれます。


冷凍食品は、室温で解凍すると食中毒菌が増える場合があるので、
冷蔵庫や電子レンジの中で解凍するようにexclamation

魚や海老などは「酸性水」を使って解凍すると
除菌作用もあると同時にうまみが流出せず
解凍できるとのことなので一石二鳥。



そして、調理中にも他の食品に菌をうつさないためにも
「強酸性水」で手洗い手(パー)をこまめにおこなうこと(^^)b

また、O157は75度で1分間以上の加熱で死滅するので
「煮る」「焼く」「茹でる」といった調理方法を
多くするのも必要ですね。

そう考えると、「還元水」や「酸性水」を使った調理は、
まさにO157予防にぴったりなんじゃないかなと思います(^^)

【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現


posted by はっち at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。