2007年07月05日

台所の換気扇は強還元水と毛糸たわしでアタック!

油でギトギトになっている我が家の換気扇たらーっ(汗)

あ〜イヤイヤ(┬┬_┬┬)掃除したくない。

見たくもない。


しかしexclamation 今の我が家にはレベラックDXで作った
「強還元水」という強い!味方がいるではないかexclamation×2


そぉ〜れ、掃除にとりかかれ〜ってなわけで、
やっと重い腰をあげて掃除しました(^^;;)

たぶん、前回のお掃除から2年ぶり以上でしょうあせあせ(飛び散る汗)

でもね、使い捨てフィルターだけは、
2ヵ月サイクルで取り替えていましたよ(^^;;;)
→なんかとても苦しい言い訳。


まずは、換気扇を掃除する時の基本パンチ

1コンセントから電源プラグを必ず抜くこと
 部品を取り外す時は事故防止のためにも必須。

2モーターやスイッチ部分は濡らさないようにすること。
 水は故障の原因にもなります。固く絞った布で軽く拭いた後、
 乾いた布でしっかり水気をきるのです。



シンクが狭いので、はずした部品を、
大きめのゴミ袋に入れて、部品を洗うことにしましたダッシュ(走り出すさま)

「強還元水」を汚れの酷いところにシュッシュとふりかけて後、
「強還元水」を部品が軽く浸るくらいに入れます。

汚れが浮き上がってきたらスポンジで汚れを落としていきます。


ここでとある問題が発覚exclamation 

ギトギト汚れがヒドかったので強還元水だけでは、
太刀打ちできず(××) 


助っ人に登場したのが「台所洗剤」。


なんとなんと、強還元水との相性がとても良く、
まるで食器を洗っているかのごとく、
ギトギト油汚れが落ちていきます(・・)ホォ〜ぴかぴか(新しい)

もちろん洗剤の量は少しですよ。

換気扇ビフォアー&アフター☆

左掃除前・右掃除後


そして、使い古した毛糸で作った
「毛糸たわし」が大活躍パンチ

毛糸たわし作っちゃいました!


部品を傷めることなく、汚れをキレイに落としていきます。

換気扇周りやフードカバーは、キッチンペーパーで
「強還元水パック」。

住宅洗剤並みの汚れ落ちに(・O・)ワンダホー〜(こっちは強還元水のみでお掃除!)。


掃除をしている時、むせるような臭いがしないし、
頭が痛くならないのが「強還元水」の魅力ですぴかぴか(新しい)

汚れを落とした後の拭き取りも、軽く済むのがうれしいですね。

洗剤の残りが気になりません。

水とはいえ、この「洗浄力」は凄いなあと実感。


というわけで、掃除前と掃除後の写真を公開カメラ

おお!すごい違い 


すっきりキレイになった、台所でお料理もはかどります(^^)

ひどくならないうちに、
強還元水でこまめにお掃除するようにしよう (^^ゞ


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現
換気扇掃除の方法


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。