2007年08月02日

アントシアニンを含む野菜の色を鮮やかにする酸性水

「アントシアニン」
という言葉を聞いたことありませんか?

視力回復や抗酸化作用、動脈硬化に有効と言われていて、
抗酸化物質として知られる
ポリフェノールの一種なんだそうですよ。


その代表としてあげらるのが

ブルーベリー、クランベリー、ラズベリー、ビルベリー、いちご
といった「ベリー類」と

アメリカンチェリー、ブドウ、紫芋、茄子、赤キャベツ、黒豆、黒ゴマ
などです。

そのアントシアニンを含む野菜や果物を酸性水で洗浄すると、
その野菜や果物がもつ本来の色が鮮やかに甦るんだそうですぴかぴか(新しい)

入っていると言われる野菜や果物って濃色のものが多いですね
系かな)。


冷蔵庫の中を探してみたら、ありましたありました
「長茄子るんるん」。


ほんとに色が鮮やかになるのでしょうか(ー▽ー)。


早速、茄子を半分に切って片側だけ酸性水で洗ってみましたかわいい


酸性水でナスを洗ってみたら・・・

(左 洗浄前・右 酸性水洗浄後)



写真カメラではとってもわかりずらいのですが、
酸性水で洗浄した茄子は、黒に近い深い紫色にレストラン

それにシャキシャキとした弾力がつきましたー(長音記号1)


なんで、酸性水なのかなあと、
いろいろ調べてみたのですが
つながるものがみつからず(泣)。


「アントシアニンのpHによる色の変化」という実験を
おこなった結果のページを見て、
酸性水のpH値が茄子に含まれているアントシアニンと結びついて、
色が鮮やかになったのかなexclamation&question などと思ったのですが。


どうして、こうなるのかわかる方教えてクダサイm(_ _)m。

ちなみに私は理科系は苦手です。。。。。たらーっ(汗)



で、茄子は昨夜のおかず「麻婆茄子&豆腐」になりました。
マーボー茄子&豆腐ですよ♪ウマー!


ちょっと唐辛子を入れて、
食欲のない時の夏のおかずにぴったりですよ。

暑さも吹き飛びますexclamation×2


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現
FAQ(ナスの皮の紫色は何によるものですか?その成分には健康機能がありますか?)
アントシアニンで色を楽しもう



この記事へのコメント
ナスが最後麻婆ナスに変身したところが面白かったです。
Posted by akio at 2012年08月13日 17:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 果実や花の赤、青、紫を示す水溶性色素の総称)の一
Weblog: 健康食品の栄養事典
Tracked: 2007-08-09 12:23

ブルーベリーと抗酸化作用効果
Excerpt: ブルーベリーには抗酸化作用もあり、老化やガン、生活習慣病を防ぐ効果が高いといわれ...
Weblog: ブルーベリー情報館
Tracked: 2007-08-14 16:56

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。