2007年09月06日

切り花を長持ちさせるコツは?

友達が花束かわいいを持っていたので、
あ〜らきれいね〜(^^) どうしたの? と尋ねたら、

「もらったんだけどさ〜。暑い時は切り花って、
長持ちしないじゃん(ーー;)どーしたらいい?」



えっ! もらえるだけでもいいじゃん( ̄^ ̄;) 

どーしたらいい? と言われても。。。。


そーいえば、切り花って
けっこうすぐダメにしてしまいますよね。

たしかに夏場はもたない(××)。

せっかくのキレイなお花ぴかぴか(新しい)

ちょっとでも長く楽しみたいexclamation

というわけで、早速調べてみましたサーチ(調べる)


一番大切なことは「毎日水を取り替える」こと。

花瓶の中のぬめりもちゃんと落とすことが大切です。

後は、水に浸かっていた茎のぬめりもキレイに洗ってあげて、
先が傷んでいたら少し切ってあげるのがよいそうです。

この「ぬめり」が、水を汚す原因なんだとか(××)
 
やっぱり細菌の温床になるんでしょうかね。


置き場所にも要注意exclamation 

エアコンがガンガンにあたるところや
直射日光があたるところはNG。


乾燥しすぎて花にダメージを与えたり、
水温が上がって細菌が繁殖しやすくなったりするんだそうです。

乾燥したら、霧吹きでシュシュと水分を
補給してあげると良いんですよ。


さらに、 長持ちさせる裏技の一つに、
なななんと「漂白剤をいれること」。。。

うーん、植物に漂白剤入りの水って、
なんか抵抗がありますね( ̄^ ̄;) 

花瓶の水に細菌が繁殖しないようにするために入れるそうで、
水2リットルにつき数滴ぐらい目安とか。


また、夏場は「氷」を入れておくといいんそうです。

水温の上昇を抑え、細菌の繁殖を遅くするみたいですね。

還元水も切り花にはいいんですよ(^^)

ただし、花の種類によっては
酸性水のほうがいい場合もあるんですよ
(参考:「植物の水には、こんなお水も有効なのです」)。


ではでは、明日台風台風がおさまったら、
友達に教えに行ってきます。。。。。(o^-^)o

おまけで還元水も持って行ってあげますよんダッシュ(走り出すさま)


【参考サイト】
切り花を長持ちさせる基本テクニックその2
第64回:切花を長持ちさせるワザ/暮らしのワンポイント/収納・インテリアドットコム


posted by はっち at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | 水と健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

カサブランカ 5輪 1本 700円 新潟県、他
Excerpt: ゆりの女王 カサブランカカサブランカ・切り花を長持ちさせるコツは?・切花の元気が無くなったら・今日の花:バラの花・9月16日の誕生花・キラキラ・お花・真夏の、切花を、長持ちさせる方法・チョコレート?・..
Weblog: あずさのブログ
Tracked: 2007-09-16 12:35

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。