2007年09月30日

水道水にフッ素を入れると、むし歯予防になる!?

私は小さい頃からむし歯と縁がありません。

が、最近ちょっと歯が腫れてる感じがするので、
歯医者病院に行こうかなあと悩み中(ーー;)。

むし歯がなくても
と思っているのは自分だけで、実際にはあるのかも)、
定期検診は行ったほうがいいんですよねあせあせ(飛び散る汗)

歯は健康にも重要ですから。


そんなことを考えながら、ネットを見ていたら
「水道水にフッ素を入れている国では、
むし歯の発症率が少ない」
との記事が。

えっexclamation&question そんなもん入れていいのexclamation×2 
って思わず、眉をひそめてしまったのですが、
実はアメリカ、韓国、オーストラリアなど、
世界30カ国以上で行われているんだそうですダッシュ(走り出すさま)

むし歯予防のために、飲料水にフッ化物を
適切な濃度を添加することを「フロリデーション」といい、
日本では、「水道水フッ化物添加」「水道水フッ素化」
「水道水フッ化物濃度調整」と呼ばれているそうです。

これを行うことで、虫歯予防率は50〜70%になるんだとかぴかぴか(新しい)


日本でも昭和27年から13年間、
京都市で実験的に行われていたことがあるそうです。

その時の検診結果からも、むし歯予防にはかなり有効であり、
発育への悪影響もないという結果だったとか。


しかし、現在、日本でフロリデーションは行われていません。

それには様々な理由があるようですね。

安全性が認められていて、有効といわれていても、
これ以上、水道水になにか入るのは、
やっぱり私は抵抗があるかな(^^;;)

自治体によっては、フロリデーションを
前向きに検討しているところもあるようです。


私達の健康にも関係することです。

このような動きは、今後もチェックしていきたいですねひらめき


【参考サイト】
フロリデーションは世界の常識?
吉川市健康増進課 フロリデーション_2
子供の歯を守る会ーフロリデーション
フロリデーション【フッ素】
長崎フロリデーション協会Q&A


posted by はっち at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。