2007年10月26日

あ(ーー;) お気に入りのダウンジャケにシミが。。。

すっかりな今日この頃。

朝晩とほんと寒くなってきましたね。

ついこの間の猛暑はなんだったんでしょうと思います(^^;;;)


現在、徐々に冬物をだしている途中。

天気の良い日にちょっとづつ虫干しをしています。

で、でexclamation×2exclamation×2 ショックなことものを発見exclamation×2  

なんと、お気に入りだったダウンジャケットに水シミが(@@)。


そんなに着ていないし軽く干して閉まっておけばいいや、
なんて思ったのが間違いだったのでしょうかあせあせ(飛び散る汗)

あっちこっちにシミがついているのです(泣) 

水シミは、重曹とお湯を使って
シミ抜きをするといいらしいんです。

シミ部分に重曹の粉をたっぷりとかけて、
円を描くようにお湯をかけて、
シミが落ちたら洗濯をするんだとかブティック


この時のお湯に「強還元水」を使うと
けっこう最強になるexclamation&questionexclamation&questionなんても思いましたが(^^;;;)

肝心のダウンジャケットは家庭での水洗いは、
いくらなんでも無理。。。。


水シミは食べ物やインク類などのシミとは違うので
けっこう手強いし、繊維や製品によっては
水洗いできないものもあるので、見つけた時は、
無理にシミを落とそうとせずに、
専門の業者にお願いしたほうがいい場合もあるんだそうです。

余計に水シミが広がってしまったり、
繊維自体が変色してしまって、落ちなくなることもあるんだとか。


水シミがつきやすいのは、
アセテートレーヨンが素材になっている衣類。

シルクも水シミができるとやっかいですよね。

あとは、革製品も水シミは大敵


また、長期間保管する前に、
クリーニングに出して汚れを落としておくのは大切ですねひらめき

とりあえず、ダウンジャケットは家庭で水洗いもできないので、
クリーニング屋さんに相談することにしました(泣)


【参考サイト】
洗濯染み抜きで衣類の汚れとオサラバ!洗濯染み抜きテクニック!
急な雨に濡れただけなのに、染みが出来ちゃった!/衣類・クリーニング豆知識



posted by はっち at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水の種類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。