2007年11月06日

軟水の水道水に軟水器を取り付ける。これいかに?

超軟水のミネラルウォーターのことを調べていた時のこと、
「家庭用軟水器」の文字をいくつか目にしました。

どうも、浄水器とも整水器とも違うようです。

なんだろうぉ〜と、くぐってみました。。。サーチ(調べる)


日本の水道水のほとんどは硬度60mg/L程度の「軟水」で、
生活水としても飲用水としても利用できる
世界に誇れる水道水です。

逆に、ヨーロッパの殆どの地域の水道水は硬水のため、
生活水として利用するのに浄水器やカルシウムなどの
硬度成分を除去する装置などが必需品なんだそうです。
(参照:硬水と石鹸って相性悪いみたいですね・・・・・。


ヨーロッパみたいに、硬度が高いわけでもないのに、
軟水の水道水に「軟水にする器機」とはなんぞや? と、
思ったら軟水を「超軟水」にする機器だったんですね(^^;;;)

あるサイトで軟水器の仕組みを見ると、
イオン交換樹脂で水道水のなかの硬度成分を取り除き、
「硬度ゼロ0」の軟水になるんだとか。

ということは、全くミネラル分もなくなってしまう、
純粋な水になってしまうってことですよね? 


軟水器で作られた超軟水の主な特徴は、
石けんカスがほとんど残らないので、
石けんの泡立ちがとても良い。

また湯冷めがしにくいぴかぴか(新しい)美肌の湯ぴかぴか(新しい)になるんだとか。

緑茶、紅茶、コーヒーとの相性も良いそうです手(チョキ)

天然の超軟水は「まろやかで甘い」といわれていますが
(うーん、私が飲んだ時には甘さは
あまり感じませんでしたが(^^;;))、
軟水器でつくられた超軟水には、味わいはあるのでしょうか?  
と、ふと頭をよぎった私でした。


【参考サイト】
快適軟水生活
三浦工業株式会社 軟水ホームページ


posted by はっち at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(1) | お水で美味しく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

イタリアかぶれ現象
Excerpt: 今年の2月にイタリアに行ってから 我が家(特にダンナ)は『イタリア大好き人間』 中でも『炭酸水(=ガサータ)』には特にハマってしまい、今回もイタリアのガサータの代表格【サンペルグリノ】を2ケー..
Weblog: 毎日キラキラDay☆
Tracked: 2007-12-19 11:13

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。