2007年11月08日

還元水VS酸性水。蒸し物にはどっちの水が最適?

久しぶりに、はっち特製「シューマイ」
をつくることにしましたるんるん

私の作るシューマイには、
冷蔵庫の中にある野菜がたんまり入ります手(チョキ)

なんかお肉が野菜のつなぎみたいな感じで
入っている程度だったりするのですが、
今日はちょっと「お肉」中心


本日の材料は、挽肉、細かく刻んだキャベツ・ネギ、
すり下ろした生姜、
もどした緑豆春雨
(これけっこう入れるのおすすめですぴかぴか(新しい))。

これをボウルに入れて塩・コショウ・酒・みりんを加えて
よぉーく混ぜますー(長音記号2)ー(長音記号2)


シュウマイの皮に包んで温めた蒸し器へセット。

トロ火〜中火くらいで約30分ほど蒸します。


で、このときに、実験の虫がメラメラと(ー▽ー)fufufu。


最初にpH値9.5の還元水の蒸気でシュウマイを蒸してみました。

還元水は食材の旨味を引き出してくれます。

蒸気も同じようにその特性を発揮してくれそうな感じです。



約30分後時計
出来上がったシューマイを見ると
(ーー;)あ、一部ちょっと型くずれおこしたかも。

特に蒸気の量が多くでていたところのシュウマイの皮が
柔らかくなりすぎちゃって、
中身が崩れちゃったみたいですねバッド(下向き矢印)


余分な脂分はスッキリと落ちている感じがします。

さっぱりジューシーな味わいで、
水道水の蒸気よりもたしかに美味しいですキスマーク


続いて、酸性水で蒸してみました。

こっちのほうが型くずれが少ないみたいですね。


麺を茹でたりするとシコシコとコシのある歯ごたえで
茹で上がる酸性水。

小麦粉を使った料理の裏方にはぴったりなのでしょうか。

シュウマイの皮が溶けることなくキレイに蒸されていますね手(チョキ)


味は還元水と差はありません。

表面のみずみずしさは、
酸性水のほうがあるように思えました。

還元水は油分を除去する作用もあるので、
挽肉の脂分がとんでしまったのかな?

シュウマイの蒸し比べ★



どちらに軍配はとなると。。。

難しい(ーー;)。

私は、皮がほどよい程度に
柔らかくなる酸性水のほうがいいかな。



【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現


この記事へのコメント
なるほど、なるほど(^_-)-☆
酸性水の方が見た目もおいしそうだし、お勧めみたいですね♪
我が家はどちらで蒸しているのか聞いてみて、還元水だったら酸性水に変えてもらいま〜す。
Posted by DHC93997 at 2007年11月09日 19:29
to カットチャン さん
こんにちは!!
具の味自体はそれほど差がなかったですけど、酸性水は皮との相性がいいのかもしれないですね。
ぜひ酸性水でシューマイ試してみてください♪
Posted by はっち at 2007年11月15日 16:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。