2007年12月10日

正しい銭湯の入浴方法とは?

自転車で20分ほど行ったところに銭湯いい気分(温泉)があります。

岩盤浴はあるし、バブルバスの種類は豊富だし、
空しか見えませんが、プチ露天風呂もありますかわいい

お風呂大好きの私には、
銭湯ってとても天国のようなところですヽ(´ー`)ノ 


でも、廃業するところが増えているんですよね(><)

私も月に2〜3回ぐらいしか行けないのですが、
ドロドロに疲れた体を回復させてくれる銭湯は
とても貴重なのでするんるん



さて、公共の場である銭湯。気持ちよく使うには、
やっぱり最低限のルールとマナーを守りたいですよね。


1よく体を洗ってから風呂(湯船)に入る

浴室に入るなりいきなり湯に浸かるのはNG

シャワーもしくはかけ湯をして、
体を流してから入るのが最低限のルールです。

体全体を洗ってから湯に浸かるのがベストですね。

湯船にカラン(風呂桶)を入れてはいけないと
私は教えられましたが、先日テレビを見ていたら
大阪では浴槽から湯をとってかけ湯していたので、
地域によって異なるみたいですね。


2お湯や水の無駄遣いをしない

早い時間だと湯が熱かったりするので、
ガンガンに水でうすめてしまったこともありますが(^^;;)
これはやってはいけないこと。

その時には水道の近くに入って
少しづつ水を出しながら入るのがいいと思います。

また、シャワーの出しっぱなしなどもNG


3湯船にタオルを持ち込まない

自宅のお風呂とは違い、大勢の人が利用する湯なので、
衛生上タオルを湯船に持ち込むのはNG

湯が汚れる原因になりますバッド(下向き矢印)


4体を洗う時は、まわりの人に泡や湯がかからないように気をつける

勢いよくバシャンバシャンかけ湯をする人を見かけますが、
湯は体に沿って静かに流すのがルールexclamation

体を洗う時も泡をたてすぎてしまうと、
流した時に泡が消えにくいのでほどほどに。


他にも、髪染めをしない。

洗濯をしない
(たまに下着を洗っている人がいたりするのですよ〜(@@)。
自宅のお風呂場じゃないんですからNG)。

下着をつけたまま入らない
(水着もダメです。混浴の温泉ではないので)。

脱衣所に入る時は必ず体をよく拭いて
濡れたままで歩き回らないなど。


ようは「人に迷惑がかからないようにする」のが
楽しい銭湯タイムをつくるのですよ(^^)v


【参考サイト】
東京都浴場組合ホームページ
銭湯物語 銭湯のマナー
銭湯へ行こう(Japanese)



posted by はっち at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。