2007年12月12日

天然の化粧水「へちま水」ってどうやって作るの?

今は使っていないのですが、
一時期体洗いに「へちま」を使っていました。

使い始めはガチガチのフランスパンみたいですが、
使うにつれて柔らかくなり、
肌を傷つけることなくとても重宝していましたかわいい

天然のスポンジって感じですよね。


「へちま」は、瓜科の一年草。

夏から秋にかけて花が開き結実します。

果実は熟すと強い網状の繊維組織が発達。

これがスポンジ替わりに使う「へちま」の部分なんですね。

若い果実は柔らかいので食用レストランにもなります。


そして、茎から液をとりだしたものが、
化粧水リボンになったり薬用として使われたりするんだそうです。

液を抽出するには、「へちま」のツルを
根元から60センチくらいのところで切り、
根につながっている方のツルの切り口を、
曲げてビンの口にさし、にじみでてくる液をビンに集めますたらーっ(汗)

この時に、ゴミなどが混入しないように
ラップでまわりをくるんだり、
隙間につめものをするとよいそうです。


茎の根本に水やりをして、1日後くらいに回収。

ヘチマのツル1本で、500〜2000ccのヘチマ水がとれるんだとか。

採取した「へちま水」を濾過したあと、
雑菌処理のため1〜2分煮沸して、
ホウ砂、グリセリン、エタノールを混ぜて
冷蔵庫など涼しく日光に当たらない場所で
小分けにして保存します。

だいたい1ヶ月くらいはもつみたいですよ。


我が家でも栽培してみたいですね(^^;;)

でも、庭での栽培は無理そうあせあせ(飛び散る汗)

試してみたい気持ちまんまんなので、
来年の夏〜秋にはどこかで体験できないかなるんるん


【参考サイト】
HECHIMA home page へちまのみりょく
ヘチマ - 双子葉植物離弁花 - Yahoo!きっず図鑑
くすりやさんの雑学百科 へちま化粧水の作り方
生活Q&A ヘチマ水の作り方は?


posted by はっち at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。