2007年12月19日

グロセロリン酸カルシウムを使ってみました

少し前のことですが、説明書をパラパラと見ていた時に、
まだ使ったことのないものがあることに気がつきました。

それは付属品の「グロセロリン酸カルシウム」

これを使うことによって、還元水のカルシウム濃度が上がり、
pH濃度も上がるグッド(上向き矢印)というもの。

電気分解の効率を上げる「促進剤的な役割手(グー)」のようです。


水質にもよりますが、ある程度、炭酸ガスの含有量が多い
井戸水を原水として利用しているところなどでは、
pH値が酸性よりの場合もあり、還元水のpH値が
上がりにくい原因にもなるんだそうです。


そのような水で還元水を生成する時には、
この「グロセロリン酸カルシウム」が活躍するんだとか。


たしかに、どの家庭も全く同じ条件の水を
使っているわけではないので、それぞれに酸性より
アルカリ性よりの水質ってあるんだろうなあと思います。

そうなった時にせっかくの機能が発揮できないままでは、
もったいないですよね。


そういった水の性質の違いによってサポートする機能が
ついているのってありがたいですね(^^)


さて、ようはpH値をあげてくれる促進剤ならば、
この時まだクリーニング前でちょっとお疲れ気味だった、
我が家のレベラックにも効果はあるのかexclamation&question

というわけで、お試しで投入してみましたるんるん


本体上部に「カルシウム投入口」という、
電解促進剤投入口より小さめのキャップがついている箇所が
あります。

キャップを開けて中の筒を取り出し、
その筒の八分目のところまで
「グロセロリン酸カルシウム」を入れて、戻します。


後は、いつものように使えばOK


いちおう、投入前にいつも使っているpH9.0を
試験液セットでチェックexclamation目 

ムムムム(ーー) 

なんか濃度が落ちているっぽい。



試験液の色がどちらかといえば、8.0に近いみたいですね。

そして、グロセロリン酸カルシウムを投入後にも
チェックしてみると・・・・・・。


おおお〜。

なんか試験液の色が、pH9.0にもどってきていますね。

それなりに、効果有りexclamation×2

でも、やっぱりちゃんとクリーニングしないと、
いけないモードだったみたいです(ーー)。


ちなみに、グロセロリン酸カルシウムを継続して
使用している場合は、衛生上、週に1度は必ず
添加筒を取り出して、水洗いすることが大切。

入れっぱなしだとカルシウムなので、
固まってしまうんですよ。

せっかくの促進効果が発揮されなくては
もったいないですからね(^^)


【参考サイト】
エナジック説明書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。