2007年12月27日

日本の水は全て「軟水」とは限らない?!

日本の水道水のほとんどは
硬度60mg/L程度の「軟水」といわれています。

よって「日本の水=軟水」は、
とってもあたりまえのように感じますが、
実は硬水の地域もあるんだそうですよ。


「全国都道府県別・平均硬度ランキング位置情報というのがあり、
そのランキングは各県の浄水場ごとの硬度を調べ
平均をだしたものが、その県の硬度になるというもの。

さて、その硬度の範囲というのが26〜84mg/Lで、
一番高いグッド(上向き矢印)のが沖縄県、一番低いバッド(下向き矢印)のが愛知県となるんだそうです。


しかし、これがまたその県の浄水場別となると、
もっと硬度の幅が広くなるのです。

愛知県は最高で硬度170mg/L最低で7mg/L。

沖縄県は最高で硬度214mg/L、最低で34mg/Lという数値が
でていますが、けっこう100mg/L以上の浄水場がありますね。


季節によっても同じ浄水場で硬度が軟水と硬水に
変わることがあるらしく、雨の多い夏場は「軟水寄り」
冬場は「硬水寄り」の数値がでるらしいのです。



硬度が200mg/Lを越える浄水場があるのは、

千葉県大多喜町(267)、
熊本県荒尾市(225/213)、
福岡県志摩町(218)、
群馬県渋川市(289/224)、
鹿児島県知名町(304〜227で5件)、
兵庫県山南町(243)、
長野県御代田町(251)、
滋賀県びわ町(282)、
青森県六ヶ所村(261/209)、
長崎県島原市(200)。



硬度が300もある鹿児島県知名町ってどこなのかな??
とネットで探してみたら、沖永良部島

地形なのか地質なのか、採水の状況によってなのか、
とても興味がありますね┌( ̄ー ̄)┘るんるん


圧倒的に硬度60前後のところが多いですが、
けっこう150を越える中硬水の地域もあるんだなぁと思いました。

同じ地域にある異なる浄水場でも硬度が違っていたりと、
日本列島の水は、かなり奥が深いですexclamation×2exclamation×2 


天然の水の中には、もっと硬度が高いのとかあるのかな? 

硬度0というのもあるらしいので、
これからも機会があれば、見つけていきたいと思います(^^)


【参考サイト】
全国都道府県別・平均硬度ランキングを発表!
【鹿児島県知名町ホームページ】


posted by はっち at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水の種類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。