2008年01月19日

大根が煮崩れしないように煮るポイントとは?

おでんが美味しい季節ですね(*^^*)

おでんは大きいお鍋にいっぱいつくっておいても
けっこう食べきってしまったりするんですよね。

作って一晩ねかしておくと味がしっかりしみ込み
さらに美味しくなるしるんるん


私が一番すきなおでんの具は、ちくわぶ大根揺れるハート

よーく味がしみこんだ大根ってまた格別ですぴかぴか(新しい) 


しかし、自宅で作ると、
この大根がなかなか上手くいかないんですよね( ̄^ ̄;) 

縮むことなく煮くずれもしない、
お店で食べるような美味しい大根は
どおやればできるのかなぁと思って、
ネットで調べてみましたサーチ(調べる)

いくつかのページを見て
「大根」が煮崩れしないポイントを見ていってみると


かわいい厚めに皮を剥き、隠し包丁を入れる

かわいい面取り(切り口の角ばった所を 薄くそぎ落とすこと)をする

かわいい調理前の数十分、60度のお湯に浸すと煮溶けが防げる


などがあげられるようです。


これは、おでんだけに限らず大根を煮込む時全般に
いえるようです。

また、下ごしらえ(下ゆで)をしっかりしておくのも、
大根を美味しくするポイントなんだとか。


かわいいお米のとぎ汁で
(ない場合は、お米を少し入れることで同じ働きをするんだとか)
大根を水の状態から茹で、柔らかくなったら
(竹串を刺してすっと入る程度。約20分〜25分くらい)
とぎ汁を捨てて大根を水洗いする
(もしくは水の中に放っておく。30分くらいが目安)。



なるほどぉ〜ひらめき

大根を美味しくするには、
手抜きせずに下ごしらえすることなんですね。

この下ごしらえをしっかりすることで、
大根の辛みをとれて煮汁も大根臭くならず、
汁のにごりも少なくなるようです。


( ̄ー ̄)フフフフ。

そして、還元水でつくった昆布ダシで
じっくりと煮込めば完璧なんですねるんるん 


さあ、作ってみよ手(チョキ)

【参考サイト】
おでんの美味しい作り方2
紀文-おでん種辞典、おいしいおでんの種のご紹介 大根
ナマサプリブログ: ふろふき大根&鶏みそ


posted by はっち at 16:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | お水で美味しく
この記事へのコメント
ハッチさんは勉強家ですね。
敬服します。
これからも、どんどん情報発信お願いします。
Posted by DHC93997 at 2008年02月04日 20:15
to DHC93997 さん
こんにちは!!
いえいえ、勉強家ではなくて、美味しいものに目がなくて、実験好き、というだけですよ〜。
こちらこそ、また電解水活用についてアドバイスをお願いします!!!
Posted by はっち at 2008年02月05日 15:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[電解水で料理が変わる(^_-)-☆]
Excerpt: 色々な料理に活用すれば、健康にも節約にももってこい(^_^)v 1.穴子のぬめり取りと殺菌には酸性水。 2.秋刀魚の鮮度保持には、酸性水に塩と氷を入れて秋刀魚を入れると、身もしまるしはらわたもとけず..
Weblog: 還元水をメインに電気分解水という5種類の水を通して実現する健康(抗酸化・抗加齢とアンチエイジング)&環境と生活革命
Tracked: 2008-02-04 15:36

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。