2008年01月22日

スケートリンクってどうやって作るんでしょうね

ぴかぴか(新しい)フィギュアスケートぴかぴか(新しい)の中継をテレビTVで見ていて、
その華麗な技に素敵〜(*´∀`*)とうっとり。

そして技がキレイに見える白銀のリンク。

あの巨大な氷の固まりってどうやってつくるのだろう? 
とふと思ったので、ちょっと調べてみることにしました目


リンクを作る施設によって、その作り方は異なるようですが、
氷をつくるのに使われている水というのは水道水ではなく、
フィルターを通して不純物を取り除いた「純水に近い水」。

不純物があると、丈夫な氷ができないんだとか。

大きな屋内施設の場合、
不凍液(車のラジエー タに使用する不凍液と同じものを使用)
の通ったパイプを敷き詰めその上から、
不純物を取り除いた水を幾重にもまいて作っていき
厚さが数ミリになるまで、水をまく作業を続けるようです。


そして、その不凍液の通ったパイプの温度を
マイナス10度くらいまで下げてバッド(下向き矢印)氷らせるとか。

リンクの下地ができるまでは3日間くらいかかるようですね。


そしてあの白さは、塗装していたんですね(^^;;)

アイスホッケーに使用する場合は、
その塗装した上からマーキングをして、
その上にまた同じような方法で水をまいていくのだそうです。

温度管理はコンピューター制御になっていて、
リンクで行われる種目によって変えていくのだとか。


雪の降る北国では、グラウンドなどが
冬季にスケートリンクになったりしますよね雪

屋内の管理された施設と違って、こちらは天候との勝負exclamation×2 

こまめな管理で盤を安全に保っているのです。


薄く水をまいて氷を幾重にも重ねて
丈夫な氷を作るのは一緒みたいですね。

水をまくのは冷え込んだ夜夜

明け方の冷え込みでしっかりと凍ってくれますからね。


そーいえば、最近スケート遊びしていないなぁ〜。

今度、家族でスケートリンクに行ってみようと思います(^^)/


【参考サイト】
スケートリンクの作り方
重箱の隅|バックナンバー 1800 「リンクの作り方」
:大阪プール:50mプールからスケートリンクができるまで
◇◇◇ 北海道 雪たんけん館 ◇◇◇スケートリンクをつくろう



posted by はっち at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 水の種類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 16:56

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。