2008年01月25日

元旦の朝に汲む「若水」とはなんぞや?!

やっと、普段のペースがとりもどってきた近頃。

お正月も既に遠い記憶となりました(笑)。

年末年始のバタバタというのは、
毎年凄まじいものがありますね(^^;;;) 

来年こそは、何もしない正月を迎えたいと願っております(笑)


さて、先日、友達とお正月何してたぁ〜の話で
こんなことを聞きました。

彼女は結婚して初めて旦那さんの家族と
お正月を迎えたそうで、
元旦の早朝(初日の出前頃かららしいですが)に、
車で隣町の名水が湧き出るところまで
水を汲みに行ったそうです。

「元旦の早朝に初めて汲む水ってとても縁起がよくて、
1年を健康に過ごせるんだって。
旦那さんの実家ではその水でお茶を沸かしたりとか、
お雑煮の汁もそれで作ってたんだよ」


そのお宅では「初水」と呼んでいたそうですが
「若水(わかみず)」という、正月の儀礼のことなんだそうです。


ネットで調べてみるとサーチ(調べる)
「元日の早朝にその年初めて汲む水のことで、年神に供え、
正月の食事の支度や、洗顔にも用います」

とありました。

その家や主人や年男の仕事らしいですが、
今では「主婦」がその役目を担うのがほとんどだとか。


本来なら「井戸水」を使うらしいですが、
川や泉の水を汲んで「若水迎え」をする慣習を
守っているところもあるとのこと。

また、一説には出来るだけ遠方の名水が良い
とも言われているそうですが、
なかなかそれも難しいですね(^^;;)

今は水道水でも、朝一番に汲んだ水を「若水」
とするようにもなったそうです。


水の神様にもちゃんとご挨拶して使い始めるというのは
「水に感謝をする」気持ちを育てるには
とてもいい儀礼だなあと思いましたぴかぴか(新しい)


それを考えると、我が家の「若水」は
「還元水」でしたね。

私が起きて最初にレベラックから
コップ一杯の還元水をコキュexclamation×2

これじゃ、私だけが
「若水汲み」したことになっちゃいますね(^^;;;)



【参考サイト】
【室礼】四季の行事
お正月の風習の由来、あなたはいくつ知ってますか? - nikkeibp.jp -
フジのなるほど歳時記


posted by はっち at 12:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水の種類
この記事へのコメント
とても、役に立ちましたありがとうございます。
Posted by まゆゆ at 2010年12月25日 13:59

こんな時だからこそ、生きてる内に思いっきり楽しんでおきたい…
不謹慎なんて言うなよな!いっちまったら何もできないんだから…(´・ω・`)
http://7z3enuj.glinds.info/
Posted by 備えあれば憂いナシ!! at 2011年03月21日 12:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。