2008年02月04日

冬場の入浴は、ヒートショックにご用心

ぬくぬく温かいリビングから、暖房のない廊下にでると……
とても寒い(((>。≪)))ブルブル。

そして、お風呂場もトイレの温度も
外気と変わりなしかも……。


このように、暖かい場所から寒い場所へ移動するとき
体が受ける急激な温度変化を「ヒートショック」といい、
それによって血圧が急変動したり、脈拍が早くなったりと
体に危険な状態をもたらしてしまうのですあせあせ(飛び散る汗)


特に高齢者の方、高血圧症や心肺の慢性疾患の方は注意が必要exclamation

脳卒中、脳出血、心筋梗塞などの命にかかわる病気を
起こすおそれもあるのです。

実は、入浴中の事故死は、
交通事故よりも多いとも言われているんです目



冬場の入浴方法のポイントには、

1入浴前に、シャワーで浴室を洗い流したり
浴槽に湯をはるなどして湯気で浴室内を暖めておく。

2浴槽内の湯は、38〜40℃程度の少しぬるめにする。

3全身浴(肩まで湯に浸かること)ではなく、
半身浴(ウエストくらいまで湯に浸かること)で、
体への負担を少なくする。

4長時間の入浴は避け20分以内に。

5高齢者や高血圧症などの疾患がある人は、一番風呂を避ける。



これ以外にも、脱衣所にも暖房を入れて
暖かくしておくことも大切いい気分(温泉)

できるだけ「室内の温度差を少なくする」ことが、
ヒートショックを回避するポイントになるのです。


ヒートショック・チェックリストのページを見つけてみました。

ヒートショック防止の参考にいかかがですか? 

右斜め下
ヒートショック・チェックリスト


若いから心配ないわよぉ〜なんて慢心してちゃダメですよ。

チェックリスト見て思い当たる節はありませんか? 

冬場のお風呂の入り方、ちょっと考えてみましょうね。


【参考サイト】
ヒートショックとは?
冬の安全入浴:ヒートショックを予防しよう:暮し百科 便利辞書
ヒートショック・チェックリスト- 住環境機器 - マックス株式会社



posted by はっち at 15:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水と健康
この記事へのコメント
寒い所から暖かい場所にいくと鼻水が出るのも「ヒートショック」が原因なのかな?
冬場の入浴方法のポイント参考にさせて頂いて体に負担にならないようにしたいです。
Posted by おやじ at 2008年02月05日 10:44
to おやじ さん
こんにちは。
ん〜鼻水はどうでしょう?これも「ヒートショック」なんですかねぇ??
私は寒い日に暖かいラーメンなど食べると鼻水が出ます。。。
Posted by はっち at 2008年02月05日 15:29
コメントありがとうございました!!!

冬のお風呂場、寒くて嫌ですね〜!
お風呂場に入っても寒い、上がっても脱衣所が寒い・・
死なないように気をつけなきゃ〜〜〜Σ(Д`|||ノ)ノ
Posted by さくら at 2008年02月07日 19:05
to さくら さん
こんにちは!
寒いけど我慢〜!!なんてしてたけど実際は体にも良くないんですよ。
暖房費がもったいない、なんていってる場合じゃないですね。
Posted by はっち at 2008年03月12日 16:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。