2008年02月17日

コーヒーメーカーのお手入れに強酸性水はいかが?

毎日使っているのに、お手入れ回数が少ないもの。

我が家では「コーヒーメーカー喫茶店がまず該当します(^^;;)

食器類や鍋と違って、油汚れがあるわけでもないので、
それほど汚れが気にならないからというのが、
お手入れ不足になる理由ですあせあせ(飛び散る汗)


実は、よーく見ると、水垢がたまっていたり、
コーヒーの粉が溜まっていたり、
サーバーにコーヒー垢が付着していたり、
けっこう汚れていたりするんですねサーチ(調べる)

コーヒーの味が、落ちたかなexclamation&question と思ったら、
給水タンク内もしっかりお掃除exclamation×2


さて、そのお手入れ方法はというと

1本体から取り外せる部品を外します
 (コンセントは必ず抜くこと)



2給水タンクの汚れ、付着したコーヒー垢などは、
 大さじ2杯の酢を薄めて10〜15分浸け置き時計

 我が家では、酢ではなく温めた強酸性水を使用してみました。

 浸け置き時間は酢を使うよりも少し長めに。


 また、給水タンクは取り外しができないタイプなので、
 中をゴシゴシ洗うことができません。

 そこで、強酸性水を入れてドリップ。

 これを2回くらい繰り返してみました。


 酢を使った場合、臭いがなかなかとれにくかったりするので、
 強酸性水ならば臭い残りの心配もないですからね。



3浸け置きしておいたサーバー類を中性洗剤で洗って、
 すすぎをしっかりとおこなった後、自然乾燥させます。

 強酸性水を使用した場合、中性洗剤での二度洗いは
 しなくてもいいと思います。

 強酸性水で洗い流して、
 軽く水気をとってから自然乾燥へ晴れ


4コーヒー粉を入れるフィルターなどは
 中性洗剤でしっかり洗って、自然乾燥。

 本体部分は水拭きしてから乾いた布でしっかりと拭く。

 この部分は重曹と歯ブラシを使って洗ったほうが
 細かい汚れまで落としやすいようです。


 本体部分も重曹を布巾につけて汚れた部分を拭いた後、
 仕上げに水拭き。

 我が家では本体部分の汚れ落としは、
 強還元水スプレーをシュッシュとふりかけて、
 布巾でキュッキュッ拭きました。

 ピカピカになりますよぴかぴか(新しい)



しっかりとお手入れしたコーヒーメーカーで
入れたコーヒーは美味しい(^^)


給水タンクは時々、強酸性水でお手入れすることで、
除菌作用もあってキレイな状態が保てそうですよ。


【参考サイト】
コーヒーメーカーのお手入れ
重曹掃除でコーヒーメーカーの汚れがスッキリ重曹掃除手入れガイド
温めた強酸性水で茶シブがキレイに落ちた!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。