2008年02月28日

水出しお茶に最適なのはどのpH値の還元水か!

我が家は季節問わず、冷蔵庫には水出しの「麦茶」
「緑茶」がストックされています。

おかげで煮出さずにそのまま水出しで使えるパックは
とても重宝しています手(チョキ)


ある日のこと「最近、お茶が濃いんだけど」と旦那様。

使っているのは、
レベラックの還元水で変わりはないのだけれど。。。。

と、思い出したのが「pH値を上げたんだっけ」。


毎日還元水を使っているうちに、
私はかなり体質にも合うらしく、
pH9.5の還元水を飲んでも平気なのですが、
旦那様は体質的にちょっと馴染めずpH8.0から始めて、
最近はpH9.0が主流になりつつあります。

しかし、お茶作りは私が行うことが多いので
pH9.5の還元水にしていたのです。


そういえば、以前に作っていた時よりも色も濃いし、
短時間でお茶ができるようになったなあと。

それでは、pH値が変わるとどれだけ差がでるのか、
pH8.0とpH9.5の還元水を使って実験exclamation×2


結果はこんな感じですカメラ

pHでかなり色が違う〜?!


使用したのは、水出しもできる緑茶パック。

パックを絞り込んだりせず、
そのままポンと水に入れた1時間後の状態です時計


pH9.5の方は、入れてから10分程度で
写真に近いくらいの色になっていました。

とても早いexclamation 


一方pH8.0は徐々に広がっている感じです。

でも、浄水した水道水を使っていた時よりも、
還元水のほうがお茶の出かたがとても早いexclamation

だって1日おいて、pH8.0ぐらいの色でしたから。


はどうでしょうか。

カップに注いでまたパチリカメラ

カップでも色の違いがハッキリ


右側がpH9.5で作った水出し緑茶です。

こっちのほうが、渋みはあまり感じませんが、
味は濃いですね。

pH8.0は、ほんのりと緑茶の味わいがするといった感じです。


一番お茶を飲む旦那さんはpH8.0で作ったほうが、
飲みやすいと言っていました。

私は濃いほうが好きなのでpH9.5で作ったほうがいいですね喫茶店

渋さが感じられるほうがもっと好きなので、
パック2つ入れたほうがもっと好みです。


しかし、pH値が1.0変わると、これだけの差がでるんですね。

それに、短時間でできるのはありがたいハートたち(複数ハート) 


pH9.5は使用するお茶葉の量を減らして使うことも
可能だと思うので(抽出力がかなり高いので)、
家計にもありがたいお水になりますよね(^^)

そういえば、麦茶もpH9.5の還元水を使うと
かなり色濃く抽出されていましたよ。


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

藻類対策ツール 損をしないpH計の選び方
Excerpt: pH計を購入する際にいくつかのポイントがあります。 pH計は専門的なものではなく、家庭用(熱帯魚などを飼育されいる方用)もたくさんあり、ネットで手軽に購入できます。または熱帯魚関連ショップやホ..
Weblog: 藻の処理でお困りの方必見! 藻類処理マニュアル
Tracked: 2009-02-09 17:17

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。