2008年02月29日

コーヒーも飲み方と適量で体にプラス

私の生活には「水」「お酒」と同様に
「コーヒー喫茶店も欠かせない存在ですexclamation×2  

コーヒー専用のタンブラーを購入てからは、
出かける時にコーヒーを入れて持ち歩きしてます足


そうそう、最近コーヒー用の水は
「還元水」を使うようになりました。

水道水派だったのですが、
嗜好がちょっと変わってきたのかもしれません(^^)

まろやかな味わいがお気に入りになりましたハートたち(複数ハート)


さて、コーヒーは「病気予防」にも
効果があるらしいという研究発表があります演劇

コーヒーを毎日飲んでいる人は
飲用しない人に比べて発病リスクが約半分なんだそうです。


糖尿病の発病を抑える効果もあるようで、
コーヒーを週に1回以上飲む人は飲まない人より
血糖値が低い人が多かったんだとか。

メタボリックシンドロームの改善にも有効というのは、
コーヒー好きにはとてもありがたい効果です(^^)

それに、リラックス効果もあるしかわいい


でもコーヒーの飲み過ぎって、
カフェインとか気になることありませんか? 

コーヒーって眠気覚ましに飲用することが多いですよね。


ということは、睡眠直前のコーヒーというのは、
不眠にもつながる可能性があるということ。

飲用後3時間はカフェインの半分が
血液中に残っているんだとか。

就寝の6時間前には飲むのを切り上げたほうがいいんだそうです夜


では、適量とはどれくらいを指すのか? 
というと、1日に2、3杯、多くても5杯くらいまで。

1杯の量はコーヒーカップを目安とすると、
150ml〜200ml程度なのかな。


適量ならば飲用しても問題ないといっても、
胃の調子が悪いとか不眠症気味の方は、
自分の体調に合わせて、コーヒーを飲むタイミングと量を
決めておくことが、コーヒーを楽しむポイントになるようですよ(^^)


【参考サイト】
asahi.com:コーヒー、体に良くても適量が大切 - この記事を手がかりに - NIE - 教育
和み部屋 - 第11回 コーヒーで癒しと健康を


posted by はっち at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。