2008年03月17日

濃縮還元果汁とは水で戻したジュースのことなの?

オレンジジュースやグレープフルーツジュースが大好きなので、
スーパーで特売の時には、よく買ってきます。

ある日子供達に
「濃縮還元って何?」
って聞かれました。

そういえば、天然果汁100%でも、
濃縮還元果汁ストレート果汁とありますね。

これはネットで早速調べて答えてあげなければexclamation×2と必死に
なって調べてみました(^^;;)


果実を搾ったままの果汁をストレート果汁、
搾った果汁の水分を取り除いて1/5〜1/6程度の重量まで
濃縮したものを濃縮果汁というそうです。

製品となっているストレート果汁は、
低温保存した絞った100%果汁をそのまま殺菌したもの。


一方、濃縮還元果汁とは、水分を取り除いて濃縮した果汁を、
濃縮する前の状態まで、水を加えて戻した後、
殺菌して製品にしたものを指すそうです。

ここで使われている水は、必ずしも「天然水」とか
「ミネラルウォーター」というわけではなさそうなので、
メーカーによって異なるみたいですね。


ところで、なぜ、濃縮還元という製法が使われているのかというと、
果実類の収穫時期にまとめて収穫をして、
新鮮なうちに果汁を絞って保存することができるから


濃縮還元の製法を使えば、1年中安定した品質で
製品を提供することができるので、
とても効率のよい保存方法だといえますよね。


では、栄養に差があるのでしょうか? 
となると、それも差がないようですね。

となると一番の差は、飲んだときの飲み口と価格?(笑) 

ストレート果汁は、そのまま絞ってあるわけですから、
果物の苦みや酸味もストレートに
ジュースに反映されやすいといえます。

濃縮還元果汁の場合は、ジュースによっては酸味や
コテッとした甘さが残ることもありますが、
ストレート果汁よりは飲みやすいものが多いみたいですね。

価格は、ストレート果汁の方が高いです(^^;;;)

スーパーでも最低100円差有料

高級品となるとその差最低500円以上ということも
(たしかに、高級ストレート果汁のジュースは美味しいですが)。

我が子供達にどっちが好きか聞いたら
「ストレート果汁黒ハート
と答えられました。。。。トホホ。。。。たらーっ(汗)


【参考サイト】
キリンビバレッジ | ストレート果汁と濃縮還元果汁について
【ストレート果汁と、濃縮還元果汁】味と栄養の差は・・・・!


posted by はっち at 15:13 | Comment(6) | TrackBack(0) | 水の種類
この記事へのコメント
こんにちは(*^-^*) ニッコリ☆
子供でもやっぱり美味しい物は、わかるのですね。
Posted by おやじ at 2008年03月18日 11:40
ストレートジュースは高付加価値と位置づけている場合があるので高くなっている場合が多いですね、ブランド品が主に該当します。味は飲み比べても分からない程度だと思います。マニアのこだわりって奴ですね。

>ここで使われている水は

イオン交換樹脂処理水(純水)ですね。天然水の定義は分かりませんがミネラルウォーターのような危険な材料を使っているとは考えられません。

>濃縮還元の製法を使えば、1年中安定した品質で
製品を提供することができるので、

これは正確に言うと、(1)製造年月日をコントロールしたい、充填日が製造年月日ですから8月に収穫したものを7月に充填すれば賞味期限の延長を図れます。
(2)充填設備の稼働率平準化、収穫時期だけしか工場が稼動しなければコストがかかるので出来る限り平準化を目指したいです。
Posted by wood at 2008年03月21日 23:40
to おやじさん
こんにちは。
なんでわかるのでしょうね^^
果汁30%とは明らかに反応が違います・・・
Posted by はっち at 2008年04月04日 15:48
to wood さん
こんにちは。
メーカーにもいろいろ思惑があるのでしょうね。
最近原材料の高騰で?ジュースも値上がりしてますよね。
そこもメーカーさんが頑張ってこれ以上高くならないよにしてほしいですね。
Posted by はっち at 2008年04月04日 16:06
>そこもメーカーさんが頑張ってこれ以上高くならないよにしてほしいですね。

がんばる方法はいくらでもあります、水で薄めるとか、怪しい材料で材料費をケチるとか。それでいいのでしょうか?大手メーカーは暖簾を背負っているのでやくざな商売はしません。大手メーカーをその程度に信用する価値はあると思っています(TB元参照)。

果物のストレート果汁は高めですが自作と比べるとかなり安いです。理由は市場に出せない規格落ちを利用しているから低コストで供給されているからです。値段の締め付けを行えば農家の方々は農業から逃げ出して安全で美味しい農産物を手に入れられなくなります。
どうか贅沢品扱いでいいですから「美味しい物」を適正価格で購入してください。

>メーカーにもいろいろ思惑があるのでしょうね。

メーカーのコスト削減努力はすさまじいものがあります。blog主の周りにもメーカー勤務は居ると思います。ただこれをネガティブに捉えては欲しくないです。そのおかげでいろいろな物が安く手に入っていると思った方が適当だと思います。繰り返しますが大手メーカーは安全性には最大限気を使っています(それが高い理由です)。
Posted by wood at 2008年06月12日 01:20
追記です。
天然水やミネラルウオーターというのは工業生産品材料に適当ではありません。硬度(ミネラル=不純物)が味や安全性に不適当になる可能性があるからです。また大腸菌検査で不適当な物は論外としても微生物安全性に根拠が無い限り適当な材料とはいえません。
尚、ナチュラルミネラルウォーターの基準は水道法より低いです(=水道水の方が安全であることは間違いないでしょう)。

ご存知だと思いますがナチュラルミネラルウォーターとミネラルウォーターは法的な意味合いが違います。後者はミネラルバランスを付加(調整)した水です。

というわけで濃縮材料を希釈するのはイオン交換樹脂ろ過水を使用します。ミネラルウォーターみたいに金属濃度が管理できない材料を使うというのは普通のメーカーではありえません(設備の無い小さいメーカーでは判りませんが)。
Posted by wood at 2008年06月12日 01:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。