2008年03月25日

水道管が破裂することもあるウォーターハンマー現象

『ウォーターハンマー』と聞いて、
オモチャのピコピコハンマーに水が入っている図を
想像してしまった私ですσ( ̄▽ ̄;)

ウォーターハンマーは『水撃作用』といい、
給水器具を急に閉めることによって、
発生する瞬間的な水圧変動が原因で起こる共振現象のことで、
ハンマで叩いたような衝撃音がするのだそうです爆弾


どんな時にこの状態がおきやすいのでしょうか。

たとえば、炊事、洗濯、掃除を同時に行った場合、
いっせいに水道水を使うことになり、
家庭内の水道管内の水圧が一気に下がりますバッド(下向き矢印)

そして、終わって水栓を閉めると今度は一気に水圧が上がりグッド(上向き矢印)
行き場がなくなった水が水道管の中で圧力を上げた状態になり、
水道管に負担をかけることになるのです。


その時に
「コン!」「ガタッ!」「ドタッ!」「ゴトッ!」
といった衝撃音が発生するのです。

一気に水道水を出して止めた時に聞いたことありませんかexclamation&question 


この時に水道管のもろくなった部分に
衝撃があたってしまった場合、水道管が破裂し
漏水を起こすことにつながるのですダッシュ(走り出すさま)

負担がかからないように、水道水の栓の開閉に気をつけるのが
一番なのかもしれません。


マンションなどでは、ウォーターハンマーの衝撃音が
騒音問題演劇になる場合もあるそうなので、

防止器を取り付けるのもいいかもしれませんね。


『水』というと、穏やかなとか清らかといったイメージを
思い浮かべることが多いかもしれませんが、
時には、一瞬にして物を破壊しまう攻撃的な状況になったり、
密かに侵攻して物を使えない状態にしてくれる
厄介なこともおこしたりもします。

水の威力って、ちょっとコワイですよね(^^;;;)

【参考サイト】
ウォーターハンマー現象 | 水道職人の知恵袋 |別府市水道局
ウォーターハンマー防止器


posted by はっち at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水の種類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。