2008年04月13日

洗濯物の色落ち防止に「塩」がよいとな???

洗濯をするときに、どういった点に気をつけてますかexclamation&question 

色物と白い色の物は分けて洗うようにするのも、
色うつりを避けるためにも行うことですよね。

私も、色物と白いTシャツを一緒にあらって
たいへんな目にあってますから(^^;;)


ところで、しょっちゅう洗っていると繊維の色が落ちてきて、
あせた状態になることってありますよね。

それがまたお気に入りの服だったりすると、
大ショック(@@)


タイやインドネシア・インド製の手染めの服の場合は、
最初の1〜2回は、酢水で洗うと色落ちしにくくなるので、
これらの服を購入した時は実行しているのですが
(参照:手染め製品のお洗濯に酢を加えて色落ちを少なくする)、
Tシャツなどの色落ちが心配な場合は
「塩水」が有効なんだそうです。


色落ちしやすいかどうかチェックするには、
Tシャツの目立たない端の方に水をつけ濡らし、
乾いた布でこすってみるのだとか。

これで色落ちするのであれば、
洗う前に30分ほど濃い塩水に浸けておくのだそうです。

けっこう、意外な感じがしますね目


いくつかのサイトでも、洗濯時に
塩を一つまみ入れるというのを見かけましたが、
こういったところから、きているのかもしれませんね。

また、色落ちしやすい衣類の場合、
「弱アルカリ性の洗剤を使わない」、
「水洗いをする」
といったことも色落ち防止になるそうですよ。


ということは、色落ちしやすい衣類の場合はお洗濯する時に
「強還元水」を使うことは避けた方がいいのかもしれませんね。

お洗濯するときにも、ちょっと工夫と一手間(別々に洗う)
ということで、色落ち防止にもつながるようですよ。


【参考サイト】
名古屋 北区/クリーニング豆知識 色落ち防止
ぼいすグループ ちょいと気になるクリーニングのQ&A


posted by はっち at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水の種類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。