2008年04月20日

赤ちゃんの粉ミルクは、70度以上のお湯で溶くべし!

赤ちゃんのミルクを作る時
「粉ミルクは人肌で溶かして・・・」
ということを言われたことありませんか? 

過って十分に冷まさずに飲ませてしまうと、
やけどの危険性があるので、今までは、
そのように指導をしてきたそうなんですが、
実はこの人肌程度のお湯で粉ミルクを溶かすことは、
とても赤ちゃんにとって危険なんだそうです。



粉ミルクには乾燥に強い「エンテロバクター・サカザキ」
と呼ばれる細菌が生存しており、病原性が低いので
健康な赤ちゃんにはほどんど問題はありませんが、
超未熟児や病気の乳児などに感染すると脳髄膜炎などを発症し、
死亡することもあるのだとかふらふら

しかし、この細菌は「70度以上で死滅」するのだそうです。


日本国内で市販されている粉ミルクに混入している程度では
問題がないらしいのですが、やっぱり
湯冷ましで粉ミルクを溶くことは、万が一のことを考えると
やってはいけないですよね。


また、低い温度で作って、飲み残しを長時間室内に
置いたものを飲ませる
というのは、とってもNG!!!!

細菌が増殖して感染の危険性がさらに拡大するのだとか。


赤ちゃんは自分で判断することはできませんから、
頼りになるのはお母さん! 

ちゃんと70度以上のお湯で溶いてあげて、
ちゃんと冷ましてからあげてください。

この部分では手抜きは厳禁exclamation×2 


大切な我が子を守るためにも、
このことは守っていきたいですよね。



【参考サイト】
赤ちゃんの粉ミルク、70度以上で細菌が死滅 : ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
ひげ爺の、お産・子育てご意見番: 粉ミルクには危険な病原微生物が混入





過去の関連記事


posted by はっち at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。