2008年04月23日

金属も切断するウォーターカッターとは?

テレビTVを見ていた時に、消防隊のハイパーレスキュー隊
活動を紹介していました。

その時に登場していたのが「ウォーターカッター」。


バーナーなどが使えない場所で研磨材を混入した高圧の水流を
ジェット噴射させることで、鋼材やコンクリート等を
一瞬にして切断していったのですダッシュ(走り出すさま)

その切れ味(?)はとても凄くて、切断面もスパッexclamation 
見事なくらいきれいに切断されているのです。

この、ウォーターカッターを利用することで、
バーナーのように火花が出ないことから危険物、
可燃性ガス等の充満した場所でも使用が可能なんだとか。

救助用器具としてはとても期待されるものですよねかわいい


ただし、日本ではこのウォーターカッターを
装備した消防車は5台のみなんだとか(^^;;;)

このような、災害時に使用される大きなものだけでなく、
ウォーターカッターの技術は、
ジーパンのレーザー加工に利用されたりもしているそうですよプレゼント


ゴムや紙などの柔らかい素材の加工にも威力を発揮exclamation 

水で切断するので、有毒ガスが発生しない、
熱による素材の変形・変色を防ぐことができるんだそうです。


あるメーカーのサイトでは、様々な加工技術が
動画や画像で見ることができたので覗いてみると、
大理石から切り抜き文字を作成したり、
真鍮で作った恐竜の化石とか、
携帯電話がキレイニ真っ二つにされていたりと。。。

とても細かい作業までやってのけてしまうのですね(@@)びっくり。


水ってとても繊細だし、とてもパワフルだし、
さらに、応用力も凄いんだなあと感じましたるんるん


【参考サイト】
「ウォーターカッター車」及び「大型ブロアー車」を導入
ウォーターカッター レーザー加工
ウォータージェット ウォーターカッター カッティング ジョブショップ ナカニシ製作所 カットサンプル
日本刀トリビア…日本刀とウォーターカッターが対決


posted by はっち at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水の種類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。