2008年05月15日

還元水をペットボトルとアルミボトルで保存した時の味くらべ

だんだんと初夏の陽気になってきましたね〜。

冷たいミネラルウォーターのいいですが、
冷やした還元水もまた美味しいのです(^^)。


さて、さて、還元水をペットボトルに入れて保存したら
味が変わったという話をしたことがありましたが
(参照:還元水をペットボトルにいれておいたら味が変わった!?)、
内部に溶けている水素がペットボトルから少しづつ抜け、
生成された時の状態よりも電位が変化して
味が変わってしまうようなのです。


「ガラス容器、ステンレス容器、フッ素樹脂などでコーティングしたアルミ容器」
で保存をしたほうがおいしく感じられるとのことだったので、
ちょとした実験を(笑)。


ペットボトルとアルミボトルに還元水を入れての味比べるんるん 

用意したのアルミボトルはコーヒーや紅茶が入っている
キャップタイプのもの。

還元水を入れる前に、よくよぉーく、洗浄して
水気を切っておきました
(コーヒーや紅茶の味が残っていないように)。


還元水はpH9.0を使用。

両者とも冷蔵庫に約3日間冷やしておきました。

冷やしている間はキャップの開け閉めは行いません。



結果exclamation×2exclamation×2 



アルミボトルの勝利exclamation


ペットボトルの場合、プラスチックっぽい味に
水が変化しているようなのですバッド(下向き矢印)

いつもの還元水の味わいはありません。

水が重くて硬くちょっと飲みにくさを感じます。

飲み慣れてない時の超硬水を飲んでいるような(^^;;;)


一方アルミボトルのほうは「マイルドぉ〜かわいい」。
生成した時と同じように、
ふわっと柔らかく包まれるような味わいが、
まだ残っています。

アルミボトルは水素が抜けにくいのでしょうね。


酸素や水素が含まれている機能水の中には
「アルミ缶」にしているものがありますよね。

それって、味うつりや味の変化を
最小限に抑えるためでもあるのですね。


1日程度だったらペットボトルでも
そんなに味の変化は感じられませんが、
生成時の美味しさを保たせるならば、
しっかりと蓋が閉まるアルミボトルのほうがいいと思いました。


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現



関連記事


この記事へのコメント
アルミボトルの方が冷やす力が強いように思われます。
なのでペットボトルよりも美味しく感じられたのかもしれませんね。
これからお水がより一層美味しく感じる季節になりますね♪
Posted by おやじ at 2008年05月16日 11:03
to おやじ さん
こんにちは!!
3日間冷蔵庫に入れておいたので、温度の差はそんなになかったと思います。
でも温度によってより水を美味しく感じたりしますね。
これから暑くなると特にそうですね(^^)
Posted by はっち at 2008年05月16日 15:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。