2008年05月28日

フキの葉を還元水でしっかり苦味抜きして佃煮をつくる!

4月〜6月頃に葉っぱ付きのフキって
スーパーでも見かけますよねるんるん

フキの煮物ってほろ苦いんだけど、
なんかその素朴な味が美味しくて好きなんです(^^)。


先日も近所の農家販売している、
採れたて葉っぱ付きのフキを購入してきました。

いつものように、タンタンと葉を落としてふと思ったのが

「この葉っぱだって食べられるんだよね……」
と思ってネットでサクサクサク〜っと調べてみたら、
あったあったexclamation×2 

佃煮にするのが良いんだそうですよ(^^)b


まずは、出来上がった、はっちお手製の
「フキの葉の佃煮」はこれ右斜め下


フキの葉っぱの佃煮の出来上がり〜♪



唐辛子の本数を2〜3本多めにして、
お酒の肴にも最適な味に調整してみました。

作り方は、参考サイト
ふきの葉で◆思い出の佃煮◆)を参照に。



さて、フキの葉の苦味抜きポイントは
「水をケチらず使うこと」。

茎に比べて、葉の部分はけっこう苦味も強いですよ。


じゃあ、どれくらいの量の水が必要なのかというと、
フキの葉に対して「10倍量以上の水を使う」。

フキの葉が1kgあったとすると、
10リットルの水が必要という計算が(@@)ひょえぇ〜。


水が少なければ、何度苦味抜きを繰り返しても
苦味は減っていかないそうなのです。


というわけで、ここで還元水の出番です(^^)。

今回は9.5pHの還元水を使ってみます。

あくが強い山菜などは「強還元水」を使ったほうが、
素早くあく抜きできるのですが、
今回は、けっこう長時間水に浸けることになるのと、
ほどよい苦みは残しておきたかったので、
飲用にも適していて素材の旨みも引き出してくれる
9.5pHを選んでみたのです。


細かく刻んだフキの葉を、
大きめの鍋に入れて還元水を入れてみます。

しばらくすると水の色がこんなかんじ。

どんどん灰汁がでてきます。


見てるだけで、苦そうな色ですね(^^;;;)


この後5〜6回水替えをしたのですが、
苦味がまだ強かったので、
思い切って一昼夜浸してみました夜

その後、軽く2回ほど水替えしてから、
よく水気を切って佃煮作りへレストラン


還元水を使ってしっかりと苦味抜きをしたおかげで、
ほろ苦さの中にフキの旨みがしっかりと凝縮された、
佃煮ができあがったので(^^) これは超満足!!

還元水がない場合は「重曹」を水に溶かして、
同じように水替えして苦味抜きをするといいかもしれませんね。


葉っぱ付きのフキを見かけたら、
ぜひ作ってみてクダサイ(^^)

【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 お料理・健康飲用に
ふきの葉で◆思い出の佃煮◆ [クックパッド]
神奈川県農業技術センター・農産物の上手な利用法(フキの葉の佃煮/作り方のアドバイス)


この記事へのコメント
初めまして!トラバ有難うございました♪
ふきの佃煮って手間がかかっているのですね〜。
母に感謝しないと・・・と再度思いながら記事を拝見しました。
また遊びに来させてもらいます♪
Posted by xxmonexx at 2008年06月04日 22:12
to xxmonexx さん
こんにちは。
コメントありがとうございます!
フキの葉は茎の部分よりもアクが強いので余計手間がかかりますね。
今度はxxmonexxさんも佃煮作りチャレンジしてみてください!
Posted by はっち at 2008年06月05日 11:18
ふきの葉の佃煮美味しそうですね 我が家は
病気予防の為、還元水素水使っているので
春になったら作ってみたいです^^
Posted by casper at 2011年01月08日 07:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。