2009年03月19日

加湿器と除湿器を使い分けてお部屋全体の湿度を調整

友人宅には

「加湿器」
「除湿器」
「空気清浄器」


があります。


それにエアコンもあるわけですから、
お部屋の環境を整えるために、
家電に埋めつくされてるような感じも(^^;;)



花粉が飛ぶ今頃の時期は
「加湿器」と「空気清浄器」が大活躍パンチ

春過ぎから秋にかけては「除湿器」をメインに
「エアコン」と「空気清浄器」・・・・。



ところが、先日お邪魔した時に、使用していないお部屋で、
「除湿器」がフルに動いていました。

「暖房していない部屋に湿気が溜まっていたのよ(^^;;)
それで除湿してみたの」。



暖房していた部屋からもれてきた暖かい空気が冷やされて、
水滴がついていたんだそうです。

ネットでなにか対策がないか探したら、
「除湿器」を使ってみる方法があったので、
早速試したみたとのこと。



そういえば我が家も、暖房していない部屋や廊下に
湿気が溜まっていますねあせあせ(飛び散る汗)

室内干しの時に除湿器を使うことはありましたが、
お部屋全体の湿度差や温度差のバランスをとるのにも、
このような使い方ができるんですね。




逆に、夏場にもエアコンの使用などで、
湿度が低くなりすぎてしまったら、
加湿器の登場もありなのですって(^^)b  

季節問わず、両方使ってお部屋の湿度バランスをとっていくのが、
お部屋も体調も快適に過ごせるポイントかもひらめき



もちろん、体内には、ちょこちょこ水分補給もお忘れなく(^^)


【参考サイト】
デンカ.TV // ニコニコECOライフ 「加湿と除湿の使い分け」


関連記事
posted by はっち at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年03月13日

キッチンの水切りカゴは毎日洗って清潔に〜

我が家で使っている「水切りカゴ」は、
ステンレス製の2段式です。

水受けトレーが引き出せる用になってて、
水が溜まれば引き出してスグ捨てることができます。


しかし、毎日使っているわりには、
ちゃんとお手入れってしていないことに気がつきました(^^;;)

水受けトレーに汚れがこびりついてしまって、
とんでもない状況になっていたのです・・・・・・(汗)
 



さすがに、レベラックくんで生成した電解水達でも、
重曹をつかってもお手上げなほど(汗)(汗) 

購入してから、そろそろ10年近くになるので、
寿命なんだろうなあとも思いますが、
ちゃんとお手入れしていれば、
もう少しキレイに使えたのになあと反省・・・・・・・バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)



ネットでお手入れ方法はないかと探してみたら、
『食器同様に、洗剤で毎日洗って、
最後に水分を残さないようにキッチリと拭き取る』

ということを習慣にしておくのが大切、とありました。


水切りカゴって備え付け状態になってしまうので、
『洗う』という意識がとても薄くなりがち。

食器同様ちゃんと毎回洗って、清潔さを保つことで、
汚れも付きにくくなるということなんですよね。



そして、仕上げに強酸性水(強酸性電解水)を
水切りカゴ全体にかけて、キッチリ乾かしておくと、
もっと清潔さを保てます(^^)b


今日から『水切りカゴ』もしっかり洗うという
習慣を身につけるように、がんばりますパンチ


【参考サイト】
水切りかごのお手入れ くらしと生協のココロ



関連記事
posted by はっち at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年03月09日

加湿器の水には「酸性水(酸性電解水)」がベスト!

春の足音足がすぐそこまで来ているけど、
またまだ空気は乾燥している「冬」の状態。

我が家では諸処の理由により、加湿器は利用しておりませんが、
適度な湿度は、風邪予防にもつながるので、
加湿器を利用されているお宅では、
もう少しがんばってもらったほうが、
いいのかもしれませんね(^^)



ところで、加湿器で使用する水は何を使っていますか?

一般的には水道水を使用していたほうが、
加湿フィルターも傷みにくい、雑菌などが繁殖しにくい
と言われていますが、
それよりも、もっとおすすめなのは
「酸性水(酸性電解水)」なのです(^^)b 


酸性水は目詰まりの原因となりやすいカルシウム分が、
水道水よりも少ないだけでなく、
電気分解したときに生じる酸性水の成分(有効塩素)によって、
水が傷みにくくなっています。

ということは、
カビや雑菌が繁殖しにくい環境を、
酸性水がつくってくれているということですね。


そういえば、酸性水もちょっと消毒っぽい感じがします。

それが、加湿器の水として最適exclamation な理由なんですね(^^) 

レベラックくんをお持ちじゃない場合は、
ミネラルウォーターとか浄水した水でなく、
「水道水」を使うようにしましょう。




だからといって、酸性水を使っているから安心るんるん 
と、加湿器のお手入れを怠るのは、もっとNGexclamation×2 ですよ。

定期的にお掃除をして、体にも優しい酸性水で、
キレイナ湿度を保ちましょうね。

メンテナンス参照:加湿器はちゃんとしたお手入れでカビの発生も防げるゾ!



【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 美容に 酸性水
エナジック サポート日記(レベラック シリーズ): お詫びと追加
エナジック サポート日記(レベラック シリーズ): 加湿器のお水は…



関連記事
posted by はっち at 16:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年03月08日

「水分補給のためのとろみ調整食品」って何?

「水分補給ゼリーのもと」という
新商品のプレスリリースを見つけました。

そこには
「水分補給のためのとろみ調整食品」と書いてあります。


私はいままで目にしたことがなかったので、
何かなあ〜とそのリリースをじぃーっと読んでみる・・・・目


これは、日本介護食品協議会が定めた、
「ユニバーサルデザインフード」という、
食べやすさに配慮した食品の総称の中で、
粘度や具材の固さに応じて「区分1〜4」の4つに分類した食品と、
飲み物や食事を食べやすいように調節する
「とろみ調整」食品に分けられるのだそうです。


区分4の表示が「かまなくてもよい」となり、
さらに飲み物や食べ物を摂取しやすくする
「とろみ調整」商品には、
ゼリー状の商品が該当するみたいですね。




高齢化などで水やお茶などの水分を
スムーズに飲み込むことが難しくなると、
水分の補給を敬遠しがちになってしまうのだそうです。

そのため、水分を飲み込む力に応じた状態で十分摂取することが、
高齢者の健康維持にとって重要ということで、
開発されたのがこのゼリー



1袋を水100mlに溶かして3分間待つだけで、
人間の体液と同じ浸透圧のゼリーができあがり、
効率よく水分を体内への吸収させてくれるのだとか次項有

介護の仕事をしている友人から、

「私達はあたりまえに食事や水分を摂るっているけど、
高齢の方には、水を飲むことも一仕事って場合もあるんだよ」


という話を聞いたことがあったので、
このような商品がその手助けになるんですね。



【参考サイト】
 <水分補給のためのとろみ調整食品>キユーピー やさしい献立「水分補給ゼリーのもと」「緑茶ゼリーのもと」 ニュースリリース キユーピー



関連記事
posted by はっち at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年03月03日

冬だけではないのヨ! インフルエンザ対策

体調管理には気をつけていたのですが、
不覚にも先月は子供達とともに、
インフルエンザでダウンしました(^^;;;)  

思ったよりも重くならずに済んだのは、
予防接種をしていたのと毎日の予防策のおかげ。


もちろん、インフルくんにかかっていた期間には、
「強酸性水(強酸性電解水)」が大活躍でした。

うがい、手洗い、食器類の洗浄除菌
(もちろん、ワンコの食器類も)。

お部屋にもシュシュとスプレーしたりもしてましたヨダッシュ(走り出すさま)



今年の流行は山を越えたようにも思いますが、
冬を過ぎたからといってインフルエンザの予防や対策を
おこたってはいけないのです(ーー)b



昨年末あたりから「新型インフルエンザ」の言葉を、
よく目にしたりしませんか? 

この新型インフルくんは、
動物、特に鳥類のインフルエンザウイルスが
人に感染したあと変異し、人類のほとんどが
免疫を持っていないために、
容易に人から人へ感染する可能性が高いのです爆弾


現在、新型インフルエンザ発生は認められていませんが、
既存の薬では対応できない可能性もあるので、
万が一のことを考えて、
個人でも予防や対策をしておく必要があります。


そのためにも「外出後の手洗いやうがいの習慣」は
徹底しておきたいですねひらめき

それに、十分な休養とバランスの良い食事で、
体力や免疫力を高めておくことも大切です。


さらに、新型インフルエンザが流行した場合、
外出ができなくなったり、
物資の流通が停滞することもありえます。

そのため、普段から食料品や日用品を備蓄しておくことが
望ましいのだそうです。

災害時の対策と同じなんですね。


もちろん、水の備蓄はとっても大切なので、
「1日1人最低3リットルの飲料水を最低3日間分」
目安に準備しておきましょうね。
(参照:いざ! という時のための「水」。ちゃんと用意していますか?


【参考サイト】
厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報



関連記事
posted by はっち at 14:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。