2008年10月27日

美肌にも有効! 日本酒風呂で日本美人に♪

飲みきれずに、ちょっとだけ残ってしまった日本酒とか(^^;;)、
どうしても口に合わず捨てるのがもったいないし(ーー;)
という日本酒とかありませんか? 

我が家では料理に使ってしまうのですが、
他にもなんか使い道あったよなぁ〜って思い出したのが
「日本酒風呂いい気分(温泉)」。


そういえば、どこかの温泉でも
「ボージョレ・ヌーボー風呂風呂」
http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/70696009.html
なんてやっていましたよね(笑)




さて、「日本酒風呂」は、特に「肌をつるつる」にし
「美白作用ぴかぴか(新しい)に優れているらしいのですヨ。

お酒を肌にすり込むと、ツルツルするといわれます。

これは、肌が乾燥しにくいように、
日本酒の成分が肌のうるおいを守っているのだそうですかわいい


さらに、体の内側からもポカポカと温まり、
皮下組織細胞の動きが活発になります。

そのため、血行もよくなり、汗腺の動きも正常に保たれてくるので、
動きが鈍かった体内の機能が働きだし、
冷え症や多汗症にも有効に作用するようです。



また、シミやソバカスの原因となるメラニン色素の生成を
抑える働きが、日本酒に含まれる有効成分に含まれていることから
「美白」にも有効。


そして、老化の要因である、
活性酸素を除去する作用を持つ成分
「フェルラ酸」が含まれているので、
細胞の老化を防ぐ作用も持ち合わせているのです。



足湯にもちょっと入れると、温まり方が早くなりそうだなあひらめき


ただし、日本酒を湯船に直接入れた場合、
子供達の入浴は避けたほうがいいかなと思います。

微量とはいえ、アルコールですからね(^^;;)
家族全員が入った最後に、
ゆったりと堪能してみたいと思います。


目玉のはっち



【参考サイト】
Osakeテラピー/キレイにテラピー





関連記事
posted by はっち at 15:30 | Comment(4) | TrackBack(1) | 水と健康

2008年10月18日

「きのこ」って洗わないほうがいいの?

カロリーがほとんどなく、食物繊維も豊富なので、
メタボ予防のメニューにもたっぷりと使いたい食材といえば
「きのこ」るんるん


今は一年中出回っていますが、
やっぱり一番美味しい時期は
「秋〜冬」にかけてなのですヽ(´ー`)ノ



私や子供達は「きのこ料理」は大好きなのですが、
旦那様だけは「食感が嫌い〜。あれはカビの仲間でしょ?」と、
へりくつをこねては、きのこをより分けて食べてます(^^;;)

子供達の手前、食育上もよくないので、
そ・そ・それだけはやめて欲しいな(^^;;;;)


好き嫌いしないでね!



ところで、「きのこ」って水洗いしますか? 

きのこを使ったレシピを見ていると
「水洗いしないで、水で濡らしたキッチンペーパーで
汚れを拭き取ります」
と書いてあるのが多いのです。

私は、野菜を洗う時と一緒に洗い桶に入れて、
ジャブジャブー(長音記号1)水洗いしていたのですが、
これってイケナイノカナ? 



というわけで、その理由を探しにネットの旅へ〜飛行機

その理由にあげられていたのは、
『「きのこ」は水洗いすると、水分を吸収しておいしくなくなるので、
できるかで水洗いはさけたほうがいい』
というもの。

また「きのこ」の種類によっては、
健康維持に重要な働きをする成分が水溶性なので、
洗ってしまうと水に溶け出してしまうので、
その成分流出を防ぐためにも、
汚れを拭き取る程度でよいとありました。



でも、やっぱり洗いたくなりますよね(^^;;)

その場合は、『手早く流水で洗ってすぐに水気を拭き取ることexclamation
なんだそうです。

還元水でさらっと洗ったり、
汚れを拭き取るのが良さそう〜と思いました(^^)




【参考サイト】
料理レシピ:特集「きのこ料理」/キリンビール
きのこ料理に関するQ&A:雪国まいたけ




関連記事
タグ:きのこ
posted by はっち at 14:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と健康

2008年10月15日

塩漬けされてる食材を、上手に塩抜きする方法



おお! しょっぱぁ〜!(@@)

「甘塩」と書いてある切り身のシャケを購入してきたのですが、
塩がいっぱいふりかかっていた所を、とってきてしまったのか、
かなり塩気がキツイ(><)


これだけしょっぱいと、やっぱり気になる塩分過多。

それならば、
塩抜きしてから調理してみましょうexclamation 

ということで、塩抜きのポイントを探してみました。



塩漬けをしてある食材を、上手に塩抜きするポイントは
「呼び塩」といって、薄めの塩水を使うこと。

食材の中と外の塩の濃度を均一にすることでで、
ただ真水に漬けるよりも、食材の味を損なうことなく、
塩分だけを抜くことができるのだそうです。



へえ〜、「呼び塩」っていうのですね(・・)

そういえば、貝類の砂出しの時も、真水ではなく、
海水と同じくらいの濃度の塩水に漬けたほうが、
よく砂出しするというのを思い出してしまいました(^^;;;;)

なんか、塩には塩で征するという感じなのでしょうか(笑)




さて、食材によってはさらに塩出しポイントがあるようですよ。

サケの場合は、薄めの塩水に少々の茶殻を入れると
美味しさが逃げないようです。


ダイコンの漬け物などの場合は、酢水に塩を入れると
白くキレイに仕上がり、
また刻んで漬けたほうが早く塩分が抜けるのだとか。

塩気がキツイ場合は、水を何回か替えて、
少し長めに浸しておいたほうが、いいかもしれませんね。



【参考サイト】
おいしく仕上がる塩抜き《基礎知識》|ピーコックストア




関連記事
タグ: 塩抜き 塩分
posted by はっち at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

2008年10月02日

ゼロカロリー飲料は「ゼロ」じゃない!?

メタボ予防には「ゼロカロリー飲料で〜」という、我が旦那さん。

「ゼロカロリーだからダイエットにもいいんだよね〜」という子供達。


だからといって「ゼロカロリーの清涼飲料水」を、
ガブ飲みするのは問題かと思うのですが(´〜`;) 



実は、この「ゼロカロリー」に疑問を持っている私です。

というのは、飲むと甘い飲料水もあるから(^^;;) 



他にも
「ノンカロリー」「カロリーオフ」「ローカロリー」「カロリーカット」
といった言葉がありますが、
それぞれの違いってなんでしょう(´〜`;)

というわけで、ネットでお調べタイムサーチ(調べる)



なんと、健康増進法の基準では、100mLあたり5kcal未満のものは
「ゼロカロリー」「ノンカロリー」と表示して良いのだそうです。

ということは、「ゼロカロリー」は
「ゼロではない、ものもあるexclamation
ということですよね。


とはいえ、多めに飲んだとしてもカロリーがある飲料水よりは
かなり抑えめになるので、メタボ予防やダイエット中に方には、
まず大丈夫でしょうということ。




注意するのは
「カロリーオフ」「ローカロリー」「カロリーカット」。


こちらは100mL中20kcal以下が対象となるので、
飲料水によっては過剰摂取要注意exclamation

肥満傾向にある方には、むかないといえそうです。



「水」ならばカロリーもないので一番良いと思うのですが、
たまに飲みたくなるのが清涼飲料水(笑)

ゼロだオフだといっても「飲み過ぎ」はアウトなのです(^^)b


【参考サイト】
こころとからだの相談室:ノンカロリー飲料は、本当に太らないか? - 毎日jp(毎日新聞)




関連記事
posted by はっち at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(3) | 水と健康

2008年10月01日

ネイルを早く乾かす裏技は「水につける」!?

家事の邪魔になるので、最近ではネイルを塗る回数が
極端に減りましたね(^^;;)

きれいになった爪ぴかぴか(新しい)は気分転換にもなるので、いいのですが。



ところで、ネイルを塗った後って、
乾くまでしばらくの間動かせないですよね。

以前、ネイルアートをやってもらった時
「ちゃんと乾くまでには1時間はみてね」
言われたことがありました。


けれど、せっかちさんな私は、
他の指や洋服にネイルをつけてしまい、
修復してもらったことがありますあせあせ(飛び散る汗)

なので、自分で塗るともっと悲惨なことにも(TT)



ネイルを短時間で乾かすには、ネイル専用のドライヤーや
速乾性のネイルを利用することもあるようですが、
なんと「水につけると早く乾く」という記事を発見目 

それによると、ネイルの表面温度が水をつけることで低下し、
乾きが良くなるのだとか。

もっと早く乾かすには「氷水」につけることなんですって。


ただし、塗ってすぐではなく、
ある程度乾いてからみたいですね(^^;;)


でもこれならば、一番簡単にできて、お金もかからなそうかわいい


ネイルは、
ベースコートを塗って→カラーを2度塗り→トップコート
仕上げているのですが、この途中行程でも乾いてなくて、
ぐしゃっと失敗してしまうこともあるのです(^^;;) 


この行程の中でも冷水につければ、失敗も防げるのかな?

還元水や酸性水を使うとどうなのかな?
 

なんてことを試してみたくなりました(^^)♪

【参考サイト】
ネイルを塗った後、水につけると早く乾くのは気のせい? | エキサイトニュース




関連記事
posted by はっち at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。