2008年07月03日

朝1分のシャワータイムで加齢臭も予防!

朝起きたときに、汗で体がべたついている……あせあせ(飛び散る汗)
という日が多くなってきましたね(××) 

梅雨時のじめじめさも加わって、朝から憂鬱。。。バッド(下向き矢印)

汗でベタついた体のまま、というのも不快なので、
夏場は朝にシャワーを浴びることが増えるのですが、
この「朝シャワー」なんと、体臭予防によいらしいのです晴れ



東京ガス(株)都市生活研究所がおこなった生理実験で、
「朝1分間シャワーを浴びるだけで、体臭予防につながる」ことを
検証。

それによると、体臭の主原因のひとつである「皮脂」が
多いのは胸と背中。

体臭の中でも「加齢臭」は加齢に伴って皮脂中に含まれてくる
「9-ヘキサデセン酸」という脂肪酸が、
皮膚常在菌あるいは空気により
酸化分解することで発生するのだそうです。


そこで、朝シャワーを浴び、胸と背中部分の皮脂除去効果を測定。

結果、朝たった1分シャワーを浴びただけで、
皮脂量が大きく低下するだとか。


その効果は夕方まで持続するのだそうですダッシュ(走り出すさま)



朝シャワーの目覚めの効果と心身にもプラスに働き、
やる気が向上するというのは、
以前からもいわれていましたが、
これに「体臭予防効果」もあるというのならば、
特に体臭が気になる夏場は上手く利用していきたいですねかわいい

「朝シャン」の習慣って理にかなっていたexclamation
ということなるんでしょうか(^^;;;) 。



さて、朝シャワーを利用する際には節水対策もお忘れなくるんるん 

シャワーに「節水用ヘッド」を取り付けることで
無駄水防止になりますよ。



加齢臭予防に「朝シャワー」って一番身近にあるだけに、
実行しやすいですよね。

そうそう、シャワーの後に「酸性水」をパシャっとかけると、
肌も引き締まり気持ちいいですよ(^^)


【参考サイト】
東京ガスプレスリリース「朝シャワーの体臭予防効果」〜朝1分シャワーを浴びれば、体臭予防につながる〜


posted by はっち at 16:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と健康

2008年06月25日

運動前の水分補給にコーヒーが良いというのはホント?

晴れもだんだん近くなると、
気になる気になる現在の自分の体型(ーー) 

毎日少しでも体を動かすということを、
最近日課として復活させました手(グー)


さて、運動する時に忘れてはいけないのが
「水分補給」。

特に運動前の水分補給は、運動後の体温上昇にも対応できるし、
疲れにくくなるので運動機能低下を防ぐことにもなるので、
かなり重要なポイントでもあります。
(参照:運動をする時は、運動前にも水分補給を!



さて、その水分補給用の飲用水について、
コーヒーや紅茶などのカフェインが入っている
飲み物のほうが良い
という話を聞いたのです。

そういえば、ダイエット目的の運動の場合、
コーヒーを飲んでから行うと脂肪燃焼を促進させる
というらしいのですが、ホントなんでしょか??? 

気になるのでネットでチェックチャックサーチ(調べる)


実は、カフェイン類の摂取は避けましょうという説
カフェインを摂取することで、
一種の興奮剤的役割も果たし、
脂肪を燃焼を促進するために良いという説
があるのです。


カフェインの入った飲み物を避けましょう
という説の理由には、
緑茶やウーロン茶はカフェインが含まれているので
利尿作用があり、かえって体が水分不足になることも
あるため
、ということのようです。



いくつかのサイトを見ていて、
カフェイン飲用有効説はこれかな?というのを
みつけました。

「運動によって脂肪を燃焼させたいと考えているのならば、
運動の1〜2時間前にコーヒーを何杯か飲んでおくと
いいかもしれません」
というのです。

というのは、カフェインには
筋肉の脂肪酸エネルギーの代謝を活発にする
という働きもあり、微量ながら運動中のエネルギー源として、
体脂肪が利用されやすくなるんだとか。


運動前にコーヒーを飲むといいよぉ〜説は、
このような理由から広まっているのですね。



運動直前ではなく、1〜2時間前がポイント(^^)v

この時に飲むのはブラックが良いのだそうですよ喫茶店

【参考サイト】
MIZUNO | FITNESS | PRODUCTS | 実用サプリメントパーラー 運動する前にコーヒーを飲むといいって本当?
運動中の水分補給




関連記事
posted by はっち at 10:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と健康

2008年06月13日

森林伐採による塩害とは?

レベラックを使って、強還元水や強酸性水を生成する時に、
「塩」は電解促進剤としてかかせないものですが、
自然環境に存在している「塩」は時として
私達の生活をおびやかす「塩害」をおこすことがあります。



塩害を辞書で調べると


[1]海から吹いてくる塩分を多量に含んだ風によって、
植物や送電線などが受ける害。塩風害(えんぷうがい)。潮害。

[2]干ばつ時の地下からの海水の浸入、河川への海水の逆流、
高潮などによる海水の浸入、乾燥地灌水などによって
土壌に塩分が蓄積され、農作物などが受ける害


とかかれています。


私は塩害というと[1]の状況を思い出すのですが、
実は[2]の塩害の中には、
気温の高い地方で森林伐採が行われた時に、
「地表に塩が浮き上がってくる現象」というのがあります。

日光をさえぎるものがなくなった土地は、直射日光をうけ、
地表温度が上昇によって地表周辺を移動している水分を
蒸発させてしまいます晴れ

そして、蒸発してしまった水分の土壌中に含まれてる
塩分だけが残り、植物が育たない土壌になってしまうのです。


このような状況が繰り返して行われると、
不毛の地が増えていくことになりますよね。


現在、砂漠でもこのような塩害が拡大しているところも
あるということは、環境破壊が
ジワジワと押し寄せているということでもありますバッド(下向き矢印)


土壌に含まれている水分というのは、
植物を育てるだけではなく、
このような砂漠化を防ぐためにも、
土壌の役割を保つためにも必要なものなんですね。



開発を進めるのか、環境を保つのか。

地域によっては開発優先!という、
いたしかたない状況もあると思います。

でも、その時こそ「自然環境と共存できる開発」
といった選択で進んでいくことで、
このような「塩害」も少なくなっていくのかな? 
と思いました。


【参考サイト】
Yahoo!辞書(大辞林 提供:三省堂 )=塩害
環境問題用語の解説 塩害
posted by はっち at 13:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水と健康

2008年06月11日

新しいタオルは使う前に洗うことを習慣に!

おろしたてのタオルやフキン

そのまま使うとちょっとごわごわしませんか?  

特にフキンなんて、パキパキにのり付けされているのもあるので、
まずは、その糊を落とすことからはじまる、
みたいなこともあります(^^;;)


さて、新しいタオルが水を吸収しない原因としては、
製造の時についた糊剤が考えられます。

他にも染料や製造工程によってついた細かいほこりが
付着しているのも、水を吸いにくくしているようですね。


それを解決してくれる方法というのは
『使用前に洗うことexclamation×2


洗濯をすることによって、製造工程時についた余分な糊剤や
染料が落ち、また細かいほこりを落とすこともできます。

この手間をかけることで、水を吸収しやすくなり、
タオルの持つ、ふっくらー(長音記号1)とした柔らかさが甦るんだそうです。


たしかに、新しいタオルを一度洗うと、
感触も違うし柔らかくなって気持ちがいいですよね。

と、いうことであるならば『酸性水』って、
新しいタオルを洗うのにベストな洗濯水なんじゃないかな?
って思いますよ(^^)。


冬場にセーターを洗った時にも酸性水を使ったら
(参照:ふんわり柔らか〜。セーターを酸性水で洗濯
ふんわりと洗い上がったし、
おしゃれ着洗いにも酸性水は有効だしるんるん

洗浄力とリンス効果がある酸性水は、
ふっくら洗い上げてくれて、
水をよく吸収してくれるタオルにしてくれそうです。


私も、新しいタオルを購入した時に、
ためしてみようと思います(^^)

【参考サイト】
ライフスタイル・タオルの基礎知識 --金本徳株式会社--
タオルの種類と使い方(トーワピュア)
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 美容に 酸性水
posted by はっち at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

2008年06月04日

冷蔵庫内って水ぶきすると細菌が増殖?!

冷蔵庫内っってイザ掃除をしてみると、
意外に汚れていたりしますよね。

ドアポケットには、ソースやケチャップ蓋から
はみ出た汚れがついていたり、
卵をいれておくケースにも汚れがあったりあせあせ(飛び散る汗)

特に野菜室は、野菜のくずがそのまま隅っこのほうに
たまっていたり、
泥付きの野菜の土汚れもついたり(^^;;)


マメに掃除をしている人ならば、
冷蔵庫内も汚れを見つけるたびに
しっかり水拭き………という方もいるのでは?



が、なななんとexclamation×2 
この『水拭き』が庫内の細菌を
増殖させる原因になるというのです目


冷蔵庫内って、温度も低いから細菌なんて繁殖しないよぉ〜なんて思っていませんか? 

実は腐敗や食中毒の原因にもなる
「低温細菌」というのがあるのです。

環境に応じて細菌っているんですね。

気温や湿度が高いとこだけに、
細菌が繁殖するわけではないのね(^^;;;)



さて、実験によると、野菜室で掃除前後の菌数を調べたら、
ふきんで水拭きをした時に約30〜700倍に菌数が増加exclamation  

野菜くずに付いた細菌を室内に塗り広げるうえ、
水分が加わり、細菌が繁殖しやすい状態になった
ためではないかということのようですたらーっ(汗)



しかし、だからといって掃除をしないわけには
いきません(ーー)b

水拭きで汚れを取った後『消毒用エタノールで軽くふく』
菌の検出はなくなったというので、
水拭きプラス、消毒用エタノールで除菌exclamation×2
をすれば大丈夫なんですね。


ということから、菌の繁殖を防ぐには、

1,野菜は袋に入れて保管すること

2,野菜室やドアポケットなど汚れやすいところはこまめに掃除する

3,仕上げに消毒用エタノールで拭くのを忘れずに


というのが、ポイントになるようですねかわいい


ちなみに、我が家ではレベラックがあるので
『強酸性水』を使って冷蔵庫内を清潔にするようにしています。

強酸性水は除菌力に優れているので、
こういったお掃除には最適といえますよね(^^)


【参考サイト】
商品テスト:冷蔵庫の細菌 水ぶきで繁殖、30〜700倍に - 毎日jp(毎日新聞)
posted by はっち at 12:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。