2008年02月25日

加湿器はちゃんとしたお手入れでカビの発生も防げるゾ!

加湿器が引き起こす疾病に「加湿器肺」というのがあります。
(参照:加湿器のメンテナンスはちゃんとやってますか?)。

加湿器から飛び散るカビや雑菌類を吸い込むことによって、
悪寒や発熱、息切れなどの症状や
最悪は肺炎をおこすこともあるのだそうですたらーっ(汗)


そうならないためにも、定期的に掃除を
しっかりとしてあげるのが、一番重要ですよねひらめき

目安としては最低でも1ヶ月に1回は徹底した、
「加湿器のお手入れ日」を設けることで、
カビや雑菌が発生しないようにしましょう。


さて、お手入れの方法ですが、細かいところまで
お手入れができるように、
取り外しができる箇所は部品を取り外します。

器機によっては、取り外しが難しいのがありますので、
説明書もよく読んでくださいね本


スチーム式の加湿器の場合、給水部分などは
「クエン酸」を使って洗浄、
酢水を使って洗浄するというのがありました。

電気ポットやコーヒーメーカーをお手入れする時と、
同じような感じでお手入れできるのですね。


ということは、加湿器のお手入れにも、衛生の水といわれる
「強酸性水」も利用できそうですねかわいい

フィルターを使用している器機は、
使っているうちに水に含まれるカルシウム分が
フィルターに付着してくるので、
フィルターの掃除を2週間に1回目安で。

台所用中性洗剤を入れた水またはぬるま湯で
つけ置き洗いをして、すすぎをしっかり行うことよいみたいです。


また、蒸発皿や蒸気の噴き出し口なども、
水垢がつきやすかったりするので、
しっかりと洗浄した後、しっかりと乾燥させてあげましょう。

本体も絞った布巾などで、
しっかりと汚れを落としてあげてください(^^) 


これで快適な蒸気で、お部屋を潤してあげれますよねるんるん

【参考サイト】
象印お客様サポート|FAQ 加湿器 (お手入れ・部品)



関連記事
posted by はっち at 15:38 | Comment(2) | TrackBack(1) | 水と健康

2008年02月19日

加湿器の置き場所。間違っていませんか?

友人が、

加湿器を置く場所がなくてタンスの近くに置いていたら、
衣類が湿気でたいへんなことになっちゃったのよぉ〜(泣)


とぼやいていました。


うーん、せっかく室内に潤いを与えてくれる機器が、
衣類に湿度を与えてしまったんですね(^^;;)

たしかにスチームの向きは考えないと、
たいへんなことになっちゃいますねどんっ(衝撃)


冬場の室内に適度な湿度を与えてくれる加湿器は、
風邪の予防にもひと役かってくれることもありますが、
過剰な加湿は結露やカビが発生しやすくなります目


我が家は結露しやすい住環境なので
今は加湿器の使用はやめていますが、
以前使用していた時、できるだけ室内の真ん中に
スチームが広がるように、吹き出し口や置き場所を
工夫していたことがありました。

というのは、壁際においていたら、スチームが壁を直撃して、
壁紙が変色してしまったのです(^^;;;)
(ようは、カビが発生しちゃったんです(泣))



加湿器は置く場所を間違えると性能が
十分に発揮できないこともあるそうなので、
こんな場所はNGになるようですよ。


満月キッチンなど湿気の多い場所。

大きな水槽や観葉植物がある部屋も湿気が多いので
加湿器の設置場所としては好ましくないようです。


満月結露しやすい部屋

加湿器を稼働させることで湿気過多になることも。


満月壁、家具の近く

スチームによって壁などを傷め、結露やカビが発生する原因に。


満月電化製品や暖房器具の上や近くに置くのは超NGexclamation×2

ということは、できるだけ壁からも離して、
スチームがお部屋の中心に向かって広がるような場所。

お部屋の真ん中とはいわないけれども、
それに近い場所が一番ベストなのかもしれませんねひらめき


使っている時でも、換気を良くして、
湿度過多にならないように気をつけましょう(^^)


【参考サイト】
加湿器
象印お客様サポート|FAQ 加湿器 (安全のために)



関連記事
posted by はっち at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(1) | 水と健康

2008年02月15日

室内の乾燥を防ぐ方法にはどんなのがあるのかな?

我が家では結露防止のために、
加湿器の利用はやめております(^^;;)

それでも、外気との気温差で窓枠には結露がつくんですよねたらーっ(汗)


そのわりには、お部屋の中はカラカラに乾燥中〜

たしかに、朝起きた時にノドがカラカラに乾燥して、
痛くなることもあります(××) 

この対策としては、マスクをして寝ることで
ある程度は防げるのですが。


この湿気と乾燥が同居する環境では、
どちらを優先したとしても体にも
お部屋にもいいことはないですね(ーー;)。

でも、自分のお部屋の環境にあった適度な湿度は
絶対必要なんだと思います。


では、加湿器を使わず室内の乾燥を防ぐには、
どんな方法があるのでしょうかexclamation&question

いろいろなページを見てまわって目にした方法や
友達から聞いた方法をあげてみると、


1濡れタオルをかけておく

2洗濯物を室内に干しておく

3石油ストーブがあるならば、やかんをかけて湯をわかしておく

4お風呂から上がったら浴室の扉を開けて、室内に湯気がゆきわたるようにする

5観葉植物を室内に置く

6水をはった入れ物(洗面器・コップなど)を部屋の片隅に置いておく

7カーテンに霧吹きで水を軽くかけておく



とにかく、水分を蒸発させてたり、
湯気などで部屋に湿度を与えるようにする方法が
ほとんどですよねいい気分(温泉)

湿度を上げすぎると、余分な水分が
結露やカビの発生につながるので、上記の方法を試したとしても、
定期的にお部屋の換気をすることも忘れないようにしないとですね。


ちなみに我が家では24はよくやる方法です。

皆さんのところでは、どのような方法をとっていますか?


人間同様、お部屋にもちょこちょこ水分補給が
ベストなのかもしれません(^^)


【参考サイト】
部屋の乾燥を防ぐ方法 -OKWave
部屋の乾燥を防ぎたい - 教えて!goo


関連記事
posted by はっち at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(2) | 水と健康

2008年02月05日

銅鍋を長く使うには、水分を残さずしっかり乾燥させること

知り合いから、ぴかぴか(新しい)銅鍋ぴかぴか(新しい)をもらいました。

煮込み料理に使うにはとてもいいんですよねるんるん 


しかし、一つ気になることがあるのです。

お手入れをちゃんとしないと
緑青(銅または銅合金の表面に生じる緑色のさび)が発生して、
使えなくなってしまうのでは?(ーー;)。

とても手入れがたいへんそうなイメージをずっと持っていたので、
私がちゃんと使いこなせるかどうかの不安が。。。。。


とりあえず、ネットでお手入れ方法をチェックサーチ(調べる) 

使用後は、いつも使っている洗剤で洗っても
大丈夫なようですが、
水気をしっかりと拭き取ってあげるのが大切パンチ

汚れがしっかりと落ちてなかったり、
水気がのこっていて乾燥が不十分だと緑青が発生しますダッシュ(走り出すさま)


また、調理後は銅鍋の中に保存するのはNG。

銅は塩分、酸気に敏感なので調理したものを
長く入れておくと緑青が発生しやくするんだとか。

必ず別な容器に移しておくのがベストかわいい


鍋の保管場所も乾燥した風通しのよいところが
良いみたいなので、流しの下は銅鍋にとっては
あまり良い保管場所ではないようですね。

緑青が発生した場合は、酢と同量の塩を混ぜた溶液
布につけてこすり落とすとよいんだそうです。


いつも使っているホーローのお鍋よりも、
お手入れがたいへんかな〜(^^;;)と
あらためて思ってしまいましたが、
どんな調理器具でもちゃんとお手入れをすることで、
長く使用することができますよね。


銅鍋のお手入れに、強還元水や強酸性水はちょっと難しいかなexclamation&question
とも思ったのですが、しっかりと水気を拭き取ることで、
衛生面でのサポートをしてくれそうです手(チョキ)


【参考サイト】
銅製の鍋の特徴
生活Q&A 銅鍋の手入れ
posted by はっち at 15:19 | Comment(2) | TrackBack(1) | 水と健康

2008年02月04日

冬場の入浴は、ヒートショックにご用心

ぬくぬく温かいリビングから、暖房のない廊下にでると……
とても寒い(((>。≪)))ブルブル。

そして、お風呂場もトイレの温度も
外気と変わりなしかも……。


このように、暖かい場所から寒い場所へ移動するとき
体が受ける急激な温度変化を「ヒートショック」といい、
それによって血圧が急変動したり、脈拍が早くなったりと
体に危険な状態をもたらしてしまうのですあせあせ(飛び散る汗)


特に高齢者の方、高血圧症や心肺の慢性疾患の方は注意が必要exclamation

脳卒中、脳出血、心筋梗塞などの命にかかわる病気を
起こすおそれもあるのです。

実は、入浴中の事故死は、
交通事故よりも多いとも言われているんです目



冬場の入浴方法のポイントには、

1入浴前に、シャワーで浴室を洗い流したり
浴槽に湯をはるなどして湯気で浴室内を暖めておく。

2浴槽内の湯は、38〜40℃程度の少しぬるめにする。

3全身浴(肩まで湯に浸かること)ではなく、
半身浴(ウエストくらいまで湯に浸かること)で、
体への負担を少なくする。

4長時間の入浴は避け20分以内に。

5高齢者や高血圧症などの疾患がある人は、一番風呂を避ける。



これ以外にも、脱衣所にも暖房を入れて
暖かくしておくことも大切いい気分(温泉)

できるだけ「室内の温度差を少なくする」ことが、
ヒートショックを回避するポイントになるのです。


ヒートショック・チェックリストのページを見つけてみました。

ヒートショック防止の参考にいかかがですか? 

右斜め下
ヒートショック・チェックリスト


若いから心配ないわよぉ〜なんて慢心してちゃダメですよ。

チェックリスト見て思い当たる節はありませんか? 

冬場のお風呂の入り方、ちょっと考えてみましょうね。


【参考サイト】
ヒートショックとは?
冬の安全入浴:ヒートショックを予防しよう:暮し百科 便利辞書
ヒートショック・チェックリスト- 住環境機器 - マックス株式会社

posted by はっち at 15:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。