2007年02月16日

水道の上・中・下

とある駅ビルのトイレに入った時

「・・・・厨房排水を処理して使用しております。・・・・」

という張り紙がしてありました。

その時は、ふ〜んと思って読んでいたのですが、
ネットで「中水道」という言葉にぶつかり、
あっexclamation×2 と思い出しました。

そのビルビルでは「中水道」の水を、
トイレの洗浄水として使っていたのです。


中水道は雑用水道ともいわれ、
飲用以外に使われる水のことで、
下水や産業排水の処理水、雨水雨などを利用する水道です。


上水道というの私達が利用している水道のことを指し、
実際に飲用することができるように管理された水。

下水とは汚水や排水を指し、
中水はこの中間にあたることから「中水」
と呼ばれるようになったそうです。


中水道は主に、洗面・手洗いなどの雑排水を
主に再生処理した水を水洗トイレの洗浄用水として
使用しているとのこと。

この中水道を利用することによるメリットとしては次項有

(1)節水対策として水資源の有効利用につながる。

(2)排水量などが少なくなることで、下水道の負担が軽くなり河川、湖などの水質保全になる。

(3)非常時の防災用水の確保。

(4)水道料金を抑えることができる。他

といったことがあげられ、
公共施設やデパート、オフィスビルなどで
使われているとのこと。

デパートのトイレに入った時に
洗浄水についての説明の張り紙をみつけたら
「中水道の水を使っているんだexclamationと思い出してくださいね(^^)


【参考サイト】
Q&A、中水道の利用の現状と今後について
posted by はっち at 16:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と健康

2007年02月15日

白湯と水。どっちが良いのかな?

白湯(さゆ)って飲みますか? 

私はほとんど飲むことがありません。

ネコ舌猫なのでお茶が白湯くらいの温度に下がってから
飲むことはあるんですけれどね(^^;;)


アーユルヴェーダのトリートメントを
サロンに受けに行った時、
そこでは「白湯」をだしてくれました。

白湯は人肌よりも少し高めの温度で、
何杯でもおかわりすることができました。

施術が終わった後には、体も欲していたので
いっぱい白湯を飲んだんですよ。

この時はとても白湯がおいしかった(^^)。


その時に「水は体を冷やすので白湯を飲んだ方がいいのよ」と
セラピストさんから聞きました。

「水を温めて沸騰させ空気を取り込むことで
エネルギーバランスのとれた白湯ができあがり、
それを飲むことでバランスのとれた消化ができ、
体内もきれいになる」
ということ。

未消化物を除去する作用が高まるのだそうです。

セラピストさんが言っていた言葉には
どんな根拠があるんでしょうね。


アーユルヴェーダ(インド発祥の伝統医学・哲学)では、
心や体の不調を改善するためには、
生活全般を含めトータルで改善することが
大切ひらめきと考えられているんだとか。

その一つに白湯を飲むということも含まれるようですね。


白湯と水、どっちがいいのかexclamation&question 
とその時は思いましたが、
私自身では
「どっちがいいのではなくて、どちらも大切」
なんだろうなぁと感じました。


【参考サイト】
「白湯の温度について」(医薬品情報21)白湯を飲んで元気になる
posted by はっち at 14:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水と健康

2007年02月14日

炭酸ガス入り入浴剤でぽかぽかお風呂

マイブーム中の「炭酸系」るんるん

シュワシュワ感にハマりっぱなしです(^^)


今日は入浴剤を購入してきました。

もちろん炭酸ガス入りのものです(笑)

おいしそう??

 
チャポンと入浴剤を入れ、
シュワシュワした湯船に浸かる(∪o∪)ホゥ〜。

これがまた気持ちが良いのですいい気分(温泉)


炭酸ガス入り入浴剤は、
炭酸ガスの血管拡張作用を利用したもの。

湯に溶けた炭酸ガスが皮下内に入ることで、
直接血管の筋肉に働きかけて血管を広げ、
全身の新陳代謝を促し、疲れや痛みが回復するのだそうです。

炭酸泉と同じような効果を得ることができるみたいですね。


さら湯よりも炭酸ガス入り入浴剤を入れた湯に
浸かることで、血流量が倍以上に増えるんです。

だから、疲労、肩こり、冷え症、腰痛といった症状を
改善するのに“ききます"の宣伝文句も
なるほどぉ〜と思います(・・)。


錠剤タイプの炭酸ガス系入浴剤は、
溶かしてから2時間以内時計に入浴すると、
より効果的とのことなので、入浴する時に入れて、
シュワシュワがいっぱい出ている時に
そのガスに包まれながら(∪o∪)ホゥ〜とするのが、
一番恩恵を受けそうですね。

湯上がり後にポカポカと体が温かいしグッド(上向き矢印)

竹炭水に炭酸ガス入り入浴剤のお風呂は、

冬場のお風呂タイムにはぴったりの強力コンビかぁ〜exclamation×2
と思っています。


【参考サイト】
日本浴用剤工業会 入浴剤の効果とメカニズム
2006年11月13日の記事:シュワシュワ炭酸泉が人気みたいですぅ〜
posted by はっち at 11:19 | Comment(4) | TrackBack(3) | 水と健康

2007年02月08日

一度に大量の水の摂取は危険です!!!

ネットニュースを見ていたら、
とってもショッキングなことが。

アメリカで「水飲み大会」に参加した女性が、
約8リットルの水を飲み急死した、というのです(@@)。

しかも、その大会ではトイレに行かずに
15分毎に手渡される約240ml入りの水ボトルを
何本飲めるかを競うというもの。


女性の死因は「水中毒」。


大量の水の摂取が原因で、体内の電解質バランスが
崩れて、意識障害を起こすのだそうです。


私は「水中毒」という言葉を初めて知りました。

ネットで調べてみるとサーチ(調べる)、精神科の病気の一つだそうですが、
しかし、今回のように一度に大量の水を飲めば、
誰にもおこりうることなんだろうなと感じます。


毎日の水の摂取量が3リットル以上の場合は、
要注意という説もあります。


一日に体から失われる水分量は約1.5〜2.5リットルと
いわれていますから、その分を体内に補うことは
必要なので必要に応じた水分補給は重要だと思います。

水の摂取量にも個人差はあると思うので、
この目安が当てはまらない人もいるのかもしれません。

また、治療目的で多くの水を飲まなくてはいけない人は、
医者との相談によって摂取量も決められているでしょう。


何事も度を過ぎてはいけないと思いますパンチ

水を飲んでもちゃんと排泄させるようにして、
体内バランスを崩さないように、
自己管理するのも大切ですよね。

だから、必要に応じた水分補給なんだと思います。


一度に大量の水の摂取は、ぜったい体に負担をかけるものexclamation 

やってはいけませんexclamation×2


子供のためにWiiを… 母、水飲み大会で「水中毒死」

【ロサンゼルス支局】米カリフォルニア州サクラメントで先週、地元FMラジオ局主催の「水のガブ飲み大会」に参加した28歳の3児の母が「水中毒」で死亡していたことが明らかになった。子供たちのために、優勝賞品の家庭用ゲーム機、任天堂「Wii」を獲得しようとして悲劇に遭った。

 死亡したのはサクラメント郊外に住むジェニファー・ストレンジさん。AP通信によると、12日に行われた大会は、排泄(はいせつ)せずにどれだけ大量の水を飲めるかを競った。参加者は2分間で240ミリリットル入りのボトルを飲み干し、10分間の休憩の後、次のボトルが渡された。

 ストレンジさんは2位で惜しくも優勝を逃したが、少なくとも8本以上は飲んでいたとみられる。帰宅途中に頭痛を訴え、その数時間後、自宅で遺体で見つかった。

(略)

(2007/01/17 02:52)

http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/
070117/usa070117000.htm


【参考サイト】.
ヤダリンの精神科Q&A 水中毒について教えて下さい。
水中毒 water intoxication
こつこつ:診察と水中毒
堕天使のひとりごと。【水中毒[雑学あれこれ]】
タグ:水中毒
posted by はっち at 14:52 | Comment(9) | TrackBack(1) | 水と健康

2007年02月07日

結露ってほんと困りモンです(- -)

冬は寒さから窓を閉め切ってしまいがちに。

これって、体にもお部屋の環境にも
よくないことなんですよね(^^;;)


お部屋は暖房がきいて暖かい空気がいっぱい。

プラス、乾燥するので加湿器も併用。

ある程度の湿度は空気を暖めるのには必要ですが、
過剰な水分は「結露霧に変化。

外との気温差もあり、窓にはぴっちりと水滴がたらーっ(汗)

サッシから水滴が落ちて
窓の周りがびしょびしょ(××)。


結露はそのままにしておくと、カビダニ
温床になってしまいます。

もちろんお部屋にとっても天敵exclamation×2 

お部屋でキノコ狩り


我が家では、結露防止用テープやスプレーなども
試してみますが、正直なところ
あまり効果はないのです(^^;;)。

そのかわり、気がついたらこまめに、
水滴を取るようにしています。


それから、我が家では加湿器をやめました。

その分、ちょこちょこ水分補給に変更。


洗濯物はどうしても室内干しになるので、
除湿器は冬でも手放せません。

それから、一番気をつけているのが「換気」。

定期的に窓をあけて空気の入れ換えを
するようにしています。

その時は、押し入れなども少し空けて、
風通しをよくしましょう。

少しでも結露を少なくするには、
風通しのよいお部屋にするのが大切ですよね(^^)


空気の入れ替えは風邪の予防にもなるそうです。

プラスうがい手洗いで風邪に負けないようにしましょ〜。


【参考サイト】
アイリス収納・インテリアドットコム−冬の結露対策−
11月29日の記事: 帰ってきたら「うがいと手洗い」 あなたはやってますか?
posted by はっち at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。