2006年12月01日

コーラや甘いジュースばかり飲んでいるとヤバイよ!

水を飲むようになって、コーラやジュース類を飲むことが
少なくなりました。

酒豪といわれる私のお酒の量も若干
(人並みになったと。。。。)減ったように思います。


もともと、甘い飲み物は好みじゃないので
ペットボトルを1本飲み干すということはありませんが、
友人の1人がコーラやスポーツドリンク類が大好きで、
がぶ飲みするんです(- -;) 

キミだって、もういいお年頃なんだから、それってヤバイよexclamation


ペットボトル症候群って言葉を耳にすることありますよね。

清涼飲料水の飲み過ぎで糖分が過剰になり、
急性糖尿病をひきおこすというもの。

飲んでも飲んでもノドが渇いて、また飲んでしまうという
悪循環が血糖値を上げ、最悪の場合は糖尿病性昏睡状態になり
命にかかわることもあるのだそうです。

糖尿病は自覚症状がないから、とても恐いんですよ。

子供や若い人でもなる可能性があるから注意exclamation×2 

健康飲料だしローカロリーだしぃといって、
スポーツドリンクやニアウォーターの飲み過ぎはダメです。

清涼飲料水を飲んだ後に、コップ一杯の水を飲むのを
おすすめします(^^)

この悪循環を断つ一つの方法ですよ。



【参考サイト】
若者のペットボトル症候群 -healthクリック
健康ひとくちメモ−ペットボトル症候群
posted by はっち at 16:23 | Comment(4) | TrackBack(1) | 水と健康

2006年11月30日

温泉水も飲んでみようかな

お風呂大好き、温泉大好きの私ですが、
まだ体験していないことがあります。

それは「飲泉」。

温泉水を飲むことです。

飲泉は入浴と同じように体全体に
作用する効果があるといわれます。

それに、泉質によって期待できる効果が異なるんですって。


日本ではあまり馴染みが薄いですが、ヨーロッパでは
温泉というと「飲泉」の方が多いみたいですね。

それは、温泉の温度が日本みたいに高くないというのが
理由にあるらしいのですが。


温泉は慢性病の改善に良いといわれているので、
便秘や消化器系の持病がある人や冷え症にも
良いかもしれませんね。

疲労がたまっている時にもよさそうです。


飲泉は新鮮なものを飲まなきゃダメですよ。

実際に温泉地で飲泉できるところは、
飲泉できる場所を別に設けていたりするそうです。


今は、温泉に行かなくても「飲める温泉水」ということで
ペットボトル入りで購入できるからありがたいですよね。

飲むことで温泉気分に浸れるかな(^^;;) 


いくつか温泉水のページを見てみたんですが、
泉質についてふれてるところが少ないですね(- -) 

ちょっとちょっと気になっています。



【参考サイト】
温泉百科9−飲泉について
温泉水サーチ
タグ:飲泉 温泉水
posted by はっち at 18:05 | Comment(4) | TrackBack(2) | 水と健康

2006年11月29日

帰ってきたら「うがいと手洗い」 あなたはやってますか?

ガラガラうがい〜


うちの旦那さんは帰ってきてから、「うがいと手洗い」を
しっかり行います。

小さい頃からの習慣といってました。

私は忘れることもあるのですが(^^;) 


うがいは、水で丁寧に行うだけでもかなりの洗浄・殺菌効果が
あるそうです。

うがいをすることによって、口の中の清潔を保つとともに、
口の中やノドの粘膜についたウイルスを減らすことができます。


さらに、水分でノドの粘膜に湿り気を与えることで、
風邪のウイルスが進入するのを防いでくれるのです。


手洗いも、外出先ではいろいろなところに触っていたりもするので、
知らぬ間に風邪のウイルスがついていることもあります。


水道水でしっかりと洗い流すだけでも、洗浄・殺菌効果が
期待できるそうなんです。

水道水の残留塩素というのは、配管に滞留している
一定の条件のもとで消毒・殺菌効果があります。


流水でしっかり洗うことで手についたウイルスを
洗い流してくれるんでしょうね。


なんとなく水だけでは心配かなと思ったら、
せっけんを使って洗ったってOK。

ようは、外からの細菌を家庭に持ち込まないためにも、
予防策として「うがいと手洗い」をかかさないようにするのが
大切なのです。


これらかの季節、風邪のウイルスと戦いの日々が始まります。

負けないようにしましょう!



【参考サイト】
風邪予防には、うがい薬より“水うがい”!? - ニュース - nikkei BPnet
「風邪と上手につきあう方法を知る-part2-」先生、教えて! | からだの学校 | Nの健康計画 | ナショナル
posted by はっち at 19:37 | Comment(11) | TrackBack(1) | 水と健康

2006年11月26日

体内の「石」は水分摂取でこわいもの知らず?

伯父が腎結石で突如入院(××) 

急に脇腹が痛くなって病院に担ぎ込まれたそうです。

幸いにも手術をする必要はないみたいですが、
治療で薬の服用と結石を体外に出すためにも、
水をいっぱい飲みなさいと言われたとか。

伯父はあまり水分をとらない人だったので、
水を毎日2リットルくらい飲むようにといわれて、
びっくりしたそうです。

結石と水ってかなり関係があるみたいですね。


私も気になったのでネットでいろいろ調べてみました。

そしたら

「結石の予防には
(1)食塩を過剰に摂取しない
(2)動物性蛋白質を過剰に摂取しない
(3)ビタミンCを過剰に摂取しない
(4)就寝直前に食事をしない
(5)一日の尿量が2リットル程度になるように水分をとる」

ということが書いてあるページを発見。

水分を多く摂取して尿の量を増やし、結石成分の主となる
シュウ酸カルシウムが作れないようにするためにも、
水で余分なものを体外に排出させてしまうことが大切みたいですね。


もともと男性に多いといわれている結石の病気ですが、
最近は女性にも増えているので、ちょこちょこ水分補給をして
病気予防をしていきましょう!



【参考サイト】
尿管結石の治療と予防
【尿路結石の予防】
タグ:結石
posted by はっち at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(3) | 水と健康

2006年11月23日

ほっとする 足湯の温かさ 心もニコニコ(^^)

風邪をひいてお風呂に入れない私(;_;)

なので、足湯に浸かっています。


バケツにお風呂の残り湯に熱湯を足したちょっと熱めの湯を
くるぶし上くらいまで作ります。

そこにチャポっと足を入れてテレビを見ながら20分〜30分
(通常は10〜20分といわれてますが、私はちょっと長めに)
ほぉ〜っと浸かります。


これがまた、体全体が温まるんです。

湯が冷めてきたら熱い湯でちょっと差し湯をしてます。


足を温めることで血管が開き体内の血液循環もよくなり、
新陳代謝を高めることになります。


冷え症や足のむくみが気になる人におすすめ!
 
寝付きが悪い人も寝る前に軽く足湯をすることで、
不眠解消にもいいみたいです。

足湯を習慣にすることで、風邪予防にも良いんです
(もっと前から習慣にしておくべきでした(^^;))


さらに、足湯にはストレスを和らげる効果があり、
浸かった時のほぉ〜っと感が血管年齢を若くするそうです。

それで、忘れちゃいけないのが、足湯しながらも
ちょこちょこの水分補給。

デトックス作用もアップしそうですね。



【参考サイト】
心身を癒す足湯の効果
足湯
posted by はっち at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。