2009年12月18日

正しいシャンプー方法でツヤのあるきれいな髪を保つ

自宅でのシャンプーの仕方って、
けっこう荒っぽいなあって思うことありませんか? 

シャンプーつけてシャコシャコ洗えば
汚れは落ちるからいいじゃん・・・
レベルで終わっていませんか? 



「正しいシャンプー方法」+「電解水」で、
きれいでツヤのある美しい髪が甦ってくるのですよるんるん


1シャンプー前には「ブラッシング」をして髪のからみなどをとっておきましょう。

頭皮の汚れもとれやすくしてくれます。


2前流しは、少し熱めの温度設定で充分に髪にシャワーを当てます。

時間は2〜3分。

濡らすでなく「汚れを落とす」といった感じで行いましょう。

この時に温めた「還元水」も使うと、皮脂汚れもきれいに落とせます。


3洗う時は下を向いたままゴシゴシと洗うのはNG。
     
シャンプーのCMなどで見るような態勢がベスト。
     
シャンプーも手とって馴染ませながら髪に塗り十分に泡が立つまでもみあらい。
     
そして指の腹で頭皮をマッサージするように洗っていきます。


4最後の流しは十分過ぎるかなというくらい、シャンプーをきっちりと洗い流します。

最低でも3分。

流し残ったシャンプーはフケや痒みの原因になりますよ。


5リンスをした後の仕上げには、温めておいた洗面器一杯分の
「酸性水(酸性電解水)」で流すと、髪の潤いが保てます(^^)v 



【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 美容に 酸性水
自宅での正しいシャンプーのススメ 正しいシャンプーの方法って?  All About

posted by はっち at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年12月10日

どうも、最近は「水素水」が注目されているようです。

ネット記事で久しぶりに
「水素水」の文字を目にしました。


以前このブログでも「水素水」を
紹介したことがありましたが
(参照:酸素水の次にくるのは「水素水」?
私が飲んだ感想では、可もなく不可もなくといった感じで、
無機質な味わいが酸素水を思い出しました。



体内の活性酸素を水素によって、
中和してくれる働きを持っているという水素水。

そのため、疲労しにくい体にしてくれ、
美容にも良いので、
ストレスを緩和するのにも有効。

体を動かすことが資本のトップアスリートや
美容のプロのエステティシャンなどの一部では、
以前から注目をして利用していた水でもあるのです。



そして、ここ最近「水素水」を取り巻く環境に新たな変化が。



記事によると、水素水には脳神経疾患の
予防にも有用な可能性もあるという検証結果が発表されたり、
銀座には「水素水バー」なるものまで登場しているのだとか。

ここでは水中の水素含有量を限界値まで高めた、
高濃度水素水を購入することができるようです。



また、市販の水素水を日常的に愛用したり、
水素水を精製する浄水器を導入する
有名なトップアスリートが増えたことも、
注目度が増した要因でもあるようですね。

日頃から疲れがとれない会社員や
メタボで悩んでいる方にもおすすめなんだとか。



高濃度水素水・・・・一度試してみたいかな(笑) 

【参考サイト】
Business Media 誠:銀座に「バー」まで登場……「水素水」ブームの予感
飽和水素水サーバー " SUISOS / スイソス "

posted by はっち at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年12月09日

水道水が濁っていた場合はどうしたらよいの?

朝一番の水道水は、飲用はせずに食器洗いで使ったりして、
しばらく水を流すようにしています。

古い水道管では、鉛の水道管を使っている場合もあるので、
給水管内に水が長時間溜まっていると、
水道水中の鉛の濃度が高い状態になることがあるそうです。
(参照:朝一番の水道水は何に使います?


新しい水道管ではそのようなことがないようなのですが、
でも「白い水」「赤い水」「茶色い水」が出てきて
びっくりしたなんてことありませんか?



「白いにごり水」は、水に含まれた、
細かい空気の泡が原因。

このような場合は、汲んだ水を
しばらくそのままにしておくと、透明な水になります。



「赤いにごり水」「茶色いにごり水」の場合は、
老朽化した水道管内の鉄さびが流れ出したものです。

しばらく水を流すことで、透明な水になります。


また、工事による断水の後なども
このような色の水が出るので、
同様の方法でしばらく様子をみましょう目


ただし、この時の水を飲んだり、洗濯に使用してはいけませんよ。



あまりにも長期間、赤や茶色のにごり水が出る場合は、
水道局に連絡をしてくださいね。



そうそう、レベラックくんには、
朝一番の水やにごりがある水などは通さず、
しばらく様子を見てから、水を通してクダサイね(^^)b

【参考サイト】
その他/水道の水が濁ったとき(鈴鹿市ホームページ)


posted by はっち at 18:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年12月08日

最近飲まなくなった・飲む回数が減った飲みモノとは?

我が家で常にある飲み物類とは
「お茶」「麦茶」「コーヒー」「紅茶」「牛乳」「お酒類」
おっと忘れちゃいけない『還元水』。

ジュースや炭酸飲料などは、常備はせずに
必要な時に購入するようにしています。




さて、ネット調査で『あなたは3年前と比較して、
飲むことが増えたジャンルはありますか?』

というアンケートが公表されていました。


増えたジャンルにあげられた飲料のトップ3は
「コーヒー」「ミネラルウォーター」「お茶」。

そして「紅茶」「100%果汁・野菜飲料」
「特保飲料」「栄養飲料」と続きます。


コーヒーはライフスタイルや嗜好の変化などから
飲む機会が増えているようですが、
ミネラルウォーターやお茶などは「健康のため」
と答える人がほとんどだったようです。


確かに、増えたジャンルの飲料を見ると「健康」
つながりかなと思わせるようなラインナップですね。



さて、逆に減ったジャンルはというと「炭酸飲料」がトップ。

次いで「牛乳」「アルコール飲料」「水道水」
「果汁系清涼飲料」があげられています。



健康を考えると「牛乳」が何故?   
と思いましたが、
若い世代では「給食がなくなったから」
「1人暮らしをはじめて、家に買い置きがなくなったから」
といった答えもあったのだとか。

健康のために自発的に牛乳を飲むというよりも
「飲ませされている」「たまたまあったから」
といった感じがなんでしょうかね。


たしかに、体質に合わないから
飲まない人もいるようですが(^^;;)
我が家を考えると「牛乳」を除いて、
減ったジャンルは同じですね。



健康に気をつけて「還元水」を飲むようになってから、
飲むジャンルも変わってきたように思います(^^)


【参考】
・Business Media 誠:飲むことが増えた・減ったジャンル……その理由は?

posted by はっち at 18:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年12月07日

もろみ酢の正体は、お酢ではなかった!!

健康に、ダイエットに良いと言われている「もろみ酢」。


お酢のような、ツンとするようなニオイがないから、
とっても飲みやすいよ。


と、友人に勧められてお試ししてみました。



moromisu.JPG




おや? パッケージを見ると目
「清涼飲料水」と書いてありますね。

酢のラベルには「醸造酢」といった表記なのですが。

これって「酢」ではないのでしょうか? (^_^;)


気になるので調べてみましたexclamation×2


「もろみ酢」とは、穀物や果物から作られる
醸造酢とは異なり、沖縄の代表的になお酒である
「泡盛」を蒸留した後のもろみ(酒粕)から
抽出したものなんだそうです。


そして、食酢のように「酢酸」が主成分ではなく、
「クエン酸」と「アミノ酸」が主成分。



なるほど、だから「天然発酵クエン酸飲料」なる説明もあり、
「酢」ではなく「清涼飲料水」と表記されているのですね。


飲んでみるとほんのり酸味があるかなって感じです。




さて、もろみ酢に豊富に含まれている「クエン酸」は、
体内でたんぱく質・炭水化物・脂質などの栄養素が
燃えて消費されるときに重要な働きをします。

「クエン酸サイクル」と呼ばれる、
脂肪や乳酸が分解され、エネルギーに変換される
サイクルを活発にすることで、
ダイエットや生活習慣病の予防によいと言われるのです。


そのためクエン酸が豊富で摂取しやすい飲料水の
「もろみ酢」が注目されてきたんですね(^^)

【参考】
もろみ酢とは (もろみ酢蔵元通販)
酢の種類いろいろ(healthクリック)
黒酢・もろみ酢の効果いろいろ(healthクリック)

posted by はっち at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。