2009年12月03日

「家飲み派」不況で増加中です・・・・・。

忘年会シーズン到来ビール

今年は不景気の影響もあり、
例年よりも「ぱーっと居酒屋で忘年会」
なんていうのも、減る傾向になるのでしょうか。

回数は例年よりも少なくなりそうな感じもしますよね(^^;;)



さて、居酒屋などに寄らず自宅で晩酌を楽しむ
「家飲み派」が4年前と比べると上昇中グッド(上向き矢印)

「発泡酒の税制を考える会」が、
ビール類を飲む男女1000人を対象に
インターネットで実施したところ約86%が、
家庭での晩酌を楽しんでいるのだとか。


となると、その種類も気になりますが、
やっぱり「家飲み派」の助けになるのは
価格の安い「第3のビール」。

節約志向もあり半数以上の人が、
購入する機会が増えたのだそうです。


さらに家飲み派にうれしいのは、
大手スーパーなどのPBブランドでも
「第3のビール」が登場していること。

1本につき、メーカー品より20円前後安いともなると、
続けてもう1本飲んでみようかな
って感じにもなりますね(^^;;)


家庭での晩酌が増えるというのは、
家族だんらんにもつながるので、
家族にとっては逆にうれしいことでもありますよね(^^)

もちろん、お酒といっしょに「還元水」を飲むことも忘れずに。

悪酔いしないためにも、
水を飲みながらお酒を楽しみましょう。


【参考】
セブン、20円安いPB第3のビール販売 10日から - MSN産経ニュース

posted by はっち at 10:22 | Comment(1) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年12月01日

風邪をひいた時はお風呂に入ってもいいの?

風邪をひいた時
「お風呂に入って温まりたいないい気分(温泉)
思ったことありませんか?  

でも

「風邪をひいた時はお風呂に入ってはダメexclamation 
余計に悪化しちゃうでしょexclamation&question

っていわれますよね。


風邪をひいたみたいで熱っぽいなんて時、
お風呂に入ろうかどうしようか(ーー;)
うーんと悩みー(長音記号1)

我が家では旦那さんは、「きっぱりと入らない派」、
子供達と私は「できれば入りたい派」。



じゃあ、どっちがいいんだろうと思っていたら、
こんな記事を目にしました目


結論は

「熱が37度台なら入っても大丈夫。
でも、湯冷めしないように、
風呂から出たらすぐに布団に入ること。
38度を超える場合は、体力を消耗するので入浴しない方がいい」


のだそうです。




ただし、長湯は避けた方がいいみたいなので、
40度くらいのお湯に5〜7分程度つかり、
最後に背中を2〜3分間、熱めのシャワーで温め、
保温効果を高めるようにするのだそうです。


体を温めることにポイントをおいて、
湯冷めをさせないことがとっても大切なんですねひらめき




それならば、風邪をひいた時には
「酸性水(酸性電解水)のお風呂」
がとっても有効です(^^)b。

体が芯から温まるし、そして湯冷めもしにくいので、
体がポカポカしていますぴかぴか(新しい)


湯船に浸かっている時に、
ペットボトルに酸性水を入れて温めて、
最後にかぶって出るともっと良いですよ(^^)


これからの季節、お風呂に、保湿用の美容水に、手荒れ予防にと
「酸性水」は大活躍してくれますexclamation

【参考】
(1)体温38度以上なら控えて : 健康プラス : 医療 : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)



posted by はっち at 16:34 | Comment(6) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年11月30日

辛さをやわらげるのに水を飲んではダメ?

夏場は、暑気払いで「激辛料理」を、
これからの寒くなる時期は「体が温まるような辛い鍋」
食べに行こうよぉ〜って話がでませんか?

もともと、唐辛子やスパイスをいっぱい使う料理に
慣れていない日本人にとっては、辛い料理は、
美味しいんだけど辛くて舌が麻痺してしまって
・・・・なんてこともあせあせ(飛び散る汗)

あ、激辛好きの日本人は別ですよ(^^;;;)




さて、辛い料理を食べた時に
「水を飲んではいけないexclamationって
言われませんか?  
飲んだ瞬間は辛さが和らぎますが、
その後、口の中が火事状態で、ヒリヒリ・・・・たらーっ(汗)


唐辛子料理の辛さを和らげるには、
緑茶を飲みながら食べると
辛さを感じにくくなるのだそうです。

その役割を果たすのが「カテキン」。

皮膚や粘膜を保護する作用があるのだそうです。



それから、ヨーグルトや牛乳などもOK手(チョキ)

インド料理の飲み物には、ヨーグルト風味の「ラッシー」や
ミルクたっぷりの「チャイ」が出されることがありますが、
ヨーグルトや牛乳などに含まれているタンパク質が、
辛みをやわらげてくれるのだそうです。


他にも、「塩をなめる」、「米やパン、豆を食べる」
といった辛さをやわらげる方法があるのだとか。


辛い料理を食べる地域では、辛さを感じた時に
「水を飲んではいけない」
という暗黙の了解があるようですね。

【参考】
辛いの苦手な人のためのとうがらし克服|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
インド風家庭料理「ゴージャス」>インドQ&A>お水を飲んでいけないって本当?
メキシコ人とその習慣

posted by はっち at 17:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年11月27日

電解水で育てる無農薬ミカン

無農薬で育てられた野菜や果物は、
残留農薬の影響もないので、
安心して口にできます。

しかし、実際に農園で栽培となると、
とてもたいへんexclamation×2 
という話を聞いたことがあります。


農産物によっては、ある程度の農薬を使わないと
生産できないものもあるといいますし、
栽培にかかる労力は倍以上になるもだそうですあせあせ(飛び散る汗)

でも、無農薬栽培の野菜や果物の美味しさは格別なので、
手間がかかってもこのような栽培に
切り替えていきたいという農家の方も
いらっしゃるのですよ。



無農薬野菜がちょっと価格が高めかなというと、
それだけ野菜や果物へ対する、
労力と安心できる農産物を
提供したいという生産者さんの心が、
こめられているのですね。



農薬に代わる害虫駆除剤というのはあるのでしょうか。





兵庫県南あわじ市では、
電解水を使った「無農薬ミカン」を栽培している
という記事を見つけました。

これは廃タイヤを鉢に活用したミカン農園で、
「強酸性水や強アルカリ性水を葉に散布するなどで
(害虫駆除ではないですが)殺菌したり成長を促したりした」
ということなんです。



強酸性水(強酸性電解水)と強還元水はペアで使うと、
除菌力がアップするので、このような作用を上手につかって
栽培しているんでしょうね。

電解水がこのような形でもっと使われていって、
安心で美味しい農産物が
多く作られるようになるといいですね(^^)

【参考】
・神戸新聞 淡路 廃タイヤ鉢に無農薬ミカン 大鳴門橋記念館に農園

posted by はっち at 14:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 水と健康

2009年11月20日

テーブル上にちょこと置けるペットボトル加湿器

インフルエンザ対策として
我が家でも加湿器を購入いたしました。

それがこれです



kashitsuki.JPG




「ペットボトル加湿器」

500mlまでのペットボトルに水を入れて使用できるというもの。


この加湿器では、適用床面積が木造で約3畳、
プレハブでは約6畳と、
思った以上に広範囲に対応しています。


加湿器をずっとつけたままにしておくと
部屋に湿気がたまってしまい、
カビ発生の原因にもなるので、家の構造状プラス
個人的にも加湿器の蒸気が苦手だったので
今まで使用していませんでした。

しかし、インフルエンザのウイルスは
カラカラと乾燥した空気が大好き! 


500mlで約2.5時間連続使用ができるので、
過剰加湿にならない程度に湿度を
保てればいいかなという判断で購入ダッシュ(走り出すさま)

寝る前とか朝起きた時など、
ペットボトル1本分の蒸気を放出してもらっています。


もちろん! 使っているのは「酸性水(酸性電解水)」です
(参照:加湿器の水には「酸性水(酸性電解水)」がベスト!)。


酸性水は目詰まりの原因となりやすいカルシウム分が、
水道水よりも少ないだけでなく、電気分解したときに
生じる酸性水の成分(有効塩素)によって、
水が傷みにくいのです。

私が加湿器の蒸気が苦手だった理由の一つが
「使用している水」でもあったので、
酸性水を使うことで発生される
蒸気への安心感が持てたのも、
レベラックくんのおかげですね(^^)

【参考】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 美容に 酸性水
posted by はっち at 11:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。