2006年09月26日

pH値とはなんのこと?

水のペットボトルのラベルをよーく見ると栄養成分以外に
“pH値●●"という表示がされていますよね。
商品によって、この数値は変わっていますし、
高い数値もあれば、低い数値もあるし、
水の味に関係してくるものなのかしら?
いったいこの“pH"って何のことなんでしょうね(?_?)と、ペットボトルを
しげしげ見ながら考えていても問題は解決しないので、早速調べてみました。


読み方は“ペーはー"もしくは“ぴーえっち"というそうです。
これは、飲料水を分類する基準になる数値で、
“pH"は水にどれだけの水素イオンが含有されているかを示す数値のこと。

値には0〜14まであり、pH1の数値に近ければ酸性度が高く、
pH7は中間くらい、pH14の方に数値が上がっていくほど
アルカリ性度が高い水ということになります。

だいたい水道水がpH5.8〜8.6くらいの数値なので、
弱酸性から弱アルカリ性の範囲になるみたいですね。
市販のミネラルウォーター類もほぼ水道水と同じくらいの範囲のpH値になります。

なるほどぉ。
ここの数字で、このお水が酸性なのかアルカリ性なのかを判断することができるんだね(^^)
 

ちなみに、今日買ってきてみたお水のボトルに表示されていたpH値は
「約8.3・弱アルカリ性」となっていましたよ。
昨日は「pH値7.0」とか「pH値7.9」なんていうのもありました。
ちょっとこういったことを覚えると、ラベルを見てても楽しくなりますよね。


posted by はっち at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水の種類

2006年09月25日

軟水と硬水ってどうちがうの?

コンビニで見たミネラルウォーターの表示の「硬水・軟水・硬度」に、
違いなんてわかるわけないよぉ〜〜って、言っていたんだけど、
実際に飲んでみると、けっこうわかるもんですね(^^;)


ダイエットには最適!といわれる超硬水。
苦いお水って感じだったので私はダメでした。
ミネラルウォーターでも軟水のほうが飲みやすくて好きですね。

ところで、軟水と硬水の違いって何かしら? 
その違いは、水のミネラル分(カルウムやマグネシウム)の含有量が多いか少ないかの違いにあります。
 
算出された数値が高ければ硬水(硬度301以上)、低ければ軟水(硬度100以下)、その中間が中硬水(101〜300)となります。


日本の水はほぼ軟水。
一部の地域や離島などではミネラル分の多い硬水の地域があります。
私達がよく目にするヨーロッパ産の水は硬水が多いですよね。
アメリカも西海岸側が硬水・東海岸側が軟水。
中国では軟水地域がごく限られていて硬水が主流。

というように、その水が流れる大地の形や土壌よって硬度が変わると言われています。
地層と接触する時間が長い大陸タイプの地形では地層と接する時間が長いので硬水になりやすく、
日本のように山岳地帯が多い地形では軟水が多いみたいですね。



【参考資料】
http://www.water.ne.jp/m3050.html
http://ww5.et.tiki.ne.jp/~ocha/mizu.html
posted by はっち at 12:04 | Comment(7) | TrackBack(2) | 水の種類

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。